アメリカでキャンピングカー(キャンパー)の運転は簡単です【運転に関して注意する点と余計な心配の解消】

キャンピングカー旅行

「アメリカの大自然をキャンピングカーで旅行したいけど運転ってどうなの?」

「やってみたいとは思うけど運転が心配」

「日本の運転には慣れているけど、左右が反対なので間違えないかな?」

今回はアメリカでキャンピングカーを運転する際に注意する点と不安な部分を解決したいと思います。

本記事の内容

アメリカでキャンピングカーの運転は難しくない

難しくないですが注意する点はいくつかあるので紹介します

アメリカでキャンピングカーの運転は簡単です

スポンサーリンク

アメリカでキャンピングカーの運転は簡単です

日本で運転している人にとって、アメリカで車を運転する事はそんなに難しくありません。

キャンピングカーは確かにサイズが大きいですが、大きいという点を除けば運転方法は基本的に変わらないので、まず初めにそんなに心配はしなくて大丈夫です。

僕がキャンピングカーを初めて運転した時は、「よしっ」と気持ちを入れてハンドルを握りました。

やはり初めての事なので、緊張はありましたが走るにつれてすぐに慣れる事ができます。

僕の経験で、注意するべき点はいくつかありますので、ご紹介する内容を知識として持っていてもらえれば、きっと安全な運転と旅が実現できると思います。

難しい事は多くありませんので、楽しい旅の実現の為に少し勉強をしておきましょう。

アメリカでキャンピングカーの運転は簡単と言える理由

アメリカでキャンピングカーを運転するのが簡単だと言い切るのには色々な理由があります。
どんな理由から「簡単」だと言えるのかを挙げていきたいと思います。

車の運転方法は日本と大きく変わらない/AT車しかないと思って大丈夫

一番大きな理由は、車の基本操作は日本の乗用車と全く変わらないという点です。

左右の違い等のマイナーな違いはあっても、車を動かす為に操縦する方法に違いはありません。

日本の運転免許証を所持していれば、国際免許証は申請と発行料金だけあれば発行してもらえます。

その国際免許証で特殊なキャンピングカー以外は運転ができるという点からも、車の操作やルールは日本とアメリカでは大きな違いはない事を意味しています。

また運転するキャンピングカーは、自分で指定しない限りはAT車なので、アクセルを踏むだけで前進します。

日本のトラックでも最近はAT車がありますし、大きいからと言ってマニュアル(MT)車という事はありません。

日本のような交通量や狭い道がない

アメリカで運転したことがある方は分かると思いますが、アメリカは広大な土地がありますので、日本のような路地や入り組んだ道はほとんど存在しません。

道幅も日本より広くて、すれ違いに問題があるような道は無いので立ち往生してしまうような心配は要りません。

また、ニューヨークやL.A.、各都市の中心地を除けば、渋滞するような道も全体的に少ないので、日本のような道幅や、交通量を想像しているのであれば、もっとスムーズな道路環境なので、安心してください。

街中を走る場面は結構少ない

キャンピングカーの旅行では意外に街中で運転する場面は少ないです。

レンタルして旅行する場合は、

①レンタル会社から街を抜けるまで
②買い物をする時
③キャンピングカーを返却する為に街へ入る時

このポイントが街中を走るポイントです。

キャンピングカーで行くのは国立公園や自然が多い場所なので、目的地に近づけば近づくほど交通量は少なくなります。

本当は、慣れる頃に混雑するところへ入りたいですが、一番初めにそれが訪れますので、「よしっ!」と気持ちを入れましょうね。

車両の大きさで影響は内輪差だけでそれ以外は乗用車と変わりない

キャンピングカーの大きさは日本の乗用車よりも、もちろん大きいです。日本の2トントラックや4トントラックくらいの大きさがあります。

大きくて運転が怖いって思われるかもしれませんが、実はそうでもありません。

先程説明した通り道幅も広いですし、車の大きさは他の車も全体的に大きいので、日本で見かけるトラックよりは大きく感じないと思います。

1つだけ気をつけたいのは、曲がる時に内輪差といって前輪よりも後輪がカーブの内側に入る現象だけです。内輪差だけ注意すれば後は問題になりません。

バックはキャンプ場などの駐車時のみで同乗者のヘルプで安心できる

キャンピングカーをバックさせなければならない場面は、実はほとんどないので心配いりませんよ。

キャンプ場で車を停車する時と、観光する場所の駐車場で車を停めるときぐらいです。

駐車場もキャンピングカー専用の駐車場が必ずあり、その駐車場は基本的にバックが必要ない様に、そのまま入って前進して抜けられるようになっています。

キャンピングカー専用の駐車場が無い、入り口に必ず看板が立っているので見逃さないように気を付けましょうね。

バックモニターがあっても、必ず同乗者に降りてもらって、バスガイドさんみたいに後ろをガイドしてもらいましょう。

キャンピングカーの運転で注意したい事

アメリカのキャンピングカーを運転する上で、やっぱり注意しておきたい点はあります。

日本で車を運転する時も注意事項があるように、簡単だと言っても注意しておきたい点をまとめます。

①アメリカは右側通行・左ハンドル

アメリカ・カナダは右側通行で、日本と左側通行と反対です。

これが最大の違いで最大の注意点となります。

右側通行というのは単純に通行側が違うだけではなくて、右折と左折に大きな影響があります。

右側通行の場合、右折は路肩→路肩と路肩沿いに曲がります。日本の左折が路肩沿いに曲がりますよね?

左折の場合は、路肩から離れたセンターラインに寄り、そこからセンターラインの奥のレーンに入ります。

日本の右折と同じ感覚です。

要するに、右折と左折も日本と反対の感覚となります。

違和感はあると思いますが、この方法で克服できます。

・右折が手前、左折が奥をしっかりと意識しながら曲がる
・前方の車についていく事を意識する

これを常に意識して頑張ってくださいね。

意外に右左折する事も多くないので、しっかり違うという事を意識していれば大丈夫です。
慣れていない方は呪文のように唱えてくださいね(笑)

②車線変更

キャンピングカーが長いので車線変更はしっかりと後ろと距離を保って実行しましょう。

基本的には右側(路肩側)の車線を走ると思いますが、左折する時にはセンターライン側へ寄らなければなりませんよね。

急な車線変更は、慌てるだけでなく周りも見えにくくなりますので、余裕を持って車線変更はしておきましょう。

注意したいのが、アメリカのサイドミラーは死角がある事です。

日本のサイドミラーは実は少し曲面になっていて、死角が無いのですが車が小さく見えるのです。

アメリカのサイドミラーは、フラットな面になっているので、真横に近い車は見えないのです。

近くにいる車ほど見えない事になるので、ミラーだけでなく真横を自分の目でしっかり確認しましょう。

③内輪差

内輪差というのは、全長が長い車の場合にカーブを曲がる時、前輪よりも後輪がカーブの内側に入る現象です。

分かりやすく言うと、曲がる時に側面ギリギリで曲がると車の中心から後方が路肩や側面にぶつかってしまいます。

全ての車に同じ現象が起きますが、特に長い車は内側に入る部分が深くなるのです。

側面をぶつけないようにするには、

・大回りする事(角度をつけない)
・ゆっくり右左折してサイドを意識する

これが重要です。

④ドアが勝手に開かないように注意・駐車時にサイドミラーは必ず閉じる【番外編】

これは番外編として僕の体験談として2点ほど。

レンタルしたキャンピングカーを出発して5分ほど走らせて信号待ちをしている時に、いきなりドアが開いてしまいました。

ドアというのは車のドアではなく、居住スペースへ出入りする為のドアです。

レンタルする時に、一連の説明を聞き荷物をキャンピングカーへ入るのですが、その時に自分がしっかりとドアを閉めずに半開きの状態になっていたようです。

幸い隣の車線に車がいなかったので事なきを得ました。

もう一つとなりの車線にはバスの運転手がいて、彼がびっくりしていましたね(笑)

何事もなかったからよかったですが、スタートで事故するという最悪のケースが想像されました。

初めが肝心なので、しっかりと確認して出発しましょう

ドアは網戸と2重になっていますので、しっかりロックしてから出発しましょうね。

もう一つは、サイドミラーです。

駐車場に停めるときは必ずサイドミラーを閉じるようにしましょう。

結構出っ張っていますので、路肩に停めるときは特に注意してください。

実は路肩で駐車していた時に、サイドミラーを閉じなかった為にサイドミラーをぶつけられてしまいました。

サイドミラーが無くなってしまい、警察にも届けてとても大変な思いをしたので、しっかりとサイドミラーは畳んでおきましょう。

やはり運転が怖いのではないかという方へ

右側通行など日本に無いルールがありますが、しっかりと理解しておけば大丈夫。

勇気は必要かもしれませんが、決して難しくありませんよ。

日本でよく運転をしている方なら、1日運転すれば必ず慣れると思います。

キャンピングカーを運転し始めた最初が肝心です。

レンタルする場合がほとんどだと思いますが、初めが交通量の多い地域になります。

ここをしっかりと運転できれば、あとは慢心だけ無ければ、間違いなく良い旅ができると思います。

必要なのは、「はじめの一歩」と「はじめの注意力」です。そうすれば、美味しいご飯を食べながらの最高の思い出が作れるはずです!

ぜひキャンピングカーを体験してみてください!

・アメリカでキャンピングカーの運転は簡単です。

・注意事項をしっかり意識すれば大丈夫

・初めて運転するときの「はじめの一歩」と「はじめの注意」が成功の全てです。

運転は決して難しくないので、新しい自然の世界を感じる為にも、ぜひアメリカでキャンピングカーの旅を挑戦してみてください!

僕の知識は全てご提供しますので、何でもお問い合わせ下さい👍

コメント