【アメリカで謝る事はNG】旅行や滞在では簡単に謝ってはいけません

【アメリカで謝る事はNG】旅行や滞在では簡単に謝ってはいけませんアメリカ生活

日本でよくこんなコメントを聞く事がありませんか?

「あまり上手ではないので何度も聞いてしまったらごめんなさい」
「こんな場所に呼んでもらって申し訳ありません」
「聞き苦しいかもしれませんが申し訳ありませんが聞いてください」

これは、遜る(へりくだる)表現として日本では美徳とされていますよね。

ですが、アメリカではこの表現が理解されることはありません。

これに加えて、日本では「すいません」や「ごめんなさい」を無意識に言ってしまう事もあります。

これが、アメリカ人から見るとどのように感じるのか、どのような問題があるのかをご説明したいと思います。

本記事の内容
・簡単に謝る事にどんな影響があるのかが分かります
・本当に自分が悪いと思った時どうするかを考えます
・アメリカ人が謝る事が少ない本質的な理由を説明します。

スポンサーリンク

【アメリカで謝る事はNG】旅行や滞在では簡単に謝ってはいけません

【アメリカで謝る事はNG】旅行や滞在では簡単に謝ってはいけません

謝るといっても2通りの「謝り」があります。

1つは「悪い事をしてしまって謝る」という場合、もう1つは「遜る(へりくだる)為に謝る」というパターンです。

いづれの場合も謝るべきではないのですが、その2パターンを分けてご紹介したいと思います。

悪い事をしてしまって謝る場合

アメリカは基本的に「訴訟社会」なのでどんなに自分が悪かったとしても、謝らない方がたくさんいます。

これはただ強情だとか傲慢なのが理由なのではなく、何でも訴訟に発展する事が考えられるのでその対策としてもこのような対応を取っています。

親や祖父母の代から教えられている事なので、このように行動する事が身に沁みついているようなイメージです。

話しがシビアになればなるほどこの傾向が強いです。

「残念だ」という意味合いで使う「I’m Sorry」以外の、「I’m Sorry」や「I Apologies」という言葉をほとんど聞いた事がありません。

全てが結審したり、訴訟にならない事が確認された後に、書面でこのような表現が使われる事があります。

その時までは、謝るという事があまりない世界だと言えます。

遜る(へりくだる)為に謝る

アメリカではこの概念がありません。

という事は、ほんの一握りの日本語を詳しく知っているアメリカ人以外は全くと言っていいほど理解されません。

「英語が上手ではないから何度も聞いたらごめんなさい」

意味は通じますが一般的にこれが「前向きな発言」とか「しっかりしている」と見られる事はありません。

むしろ分からなくても力不足でも、ガンガン突き進んで自分の力にしていく事の方が重要で評価されるのがアメリカという国です。

ですからこの場合は遜(へりくだ)って良い事は何もないという事です。

【アメリカで謝る事はNG】美徳とは受け取られない

【アメリカで謝る事はNG】美徳とは受け取られない

遜る (へりくだる) 表現は日本特有のものでこれに美徳を感じる事はありません。

英語ではこういった表現はありませんし、こういったニュアンスの話をすることも絶対にありません。

あえて英語に置き換えようとすると「うまくできるかわかりませんが一生懸命がんばります」は、「I’ll do my best and  I won’t let you down」と言うように「一生懸命がんばります、そしてあなたを失望させません」と言った前向きな表現しかすることができません。

ですから遜る(へりくだる)表現が美徳とは受け取られないことを覚えておきましょう。

【アメリカで謝る事はNG】本当に自分が悪い時はどうするの?

【アメリカで謝る事はNG】本当に自分が悪い時はどうするの?

ことの度合いにもよりますが、100%自分の過失であったり、心から悪いと思って謝る事は僕は悪いことだと思いません。

ただしこれが会社などの場合は、自分以外の人も巻き込む事なるので注意することが必要です。

大きな訴訟に発展するようなケース、例えば交通事故や火事その他の事故は自分が謝った後に実は全てが自分の過失ではなかったことがわかる場合もあります。

訴訟社会であるということを意識しておかなければなりません。

逆の意味では、そのような可能性がある行為身近な例で言うとペットを預かったり、大事なもの預かったりする事はそれ相応のリスクがつきまとうと言うことを認識しておかなければいけません。

そう考えると、小さい子預かる幼稚園やペットホテルなどがアメリカでは非常に高いのですが、そのリスクを考えると納得できます。

【アメリカで謝る事はNG】理由は分かってもらえましたか?

【アメリカで謝る事はNG】理由は分かってもらえましたか?

このようなことから基本的に謝ったり、遜ったり(へりくだったり)することがアメリカでは理にかなってないことがわかります。

これは決して日本の文化が悪いと言っているわけではなく、文化や習慣の違いによってそれぞれの国の物の考え方が違うと言うことをわかっていただきたいと思います。

海外を旅行したり滞在すると言う事はその国のルールやその国の慣習で判断をされてしまうと言うことです。

ですから国をまたいだ契約書等はどこの国の法律で問題を解決するかと言うようなことまで書かれているのです。

ですからアメリカではうかつに謝ったりする事はしないように意識しておきましょう。

【アメリカで謝る事はNG】まとめ

・遜った(へりくだった)表現はアメリカ人に理解されない
・自分に責任があると思っても最終的な結果はわからない
・謝ると言うことが一般的には不利になるとアメリカでは考えられている

大きな問題に発展する余地がない事は自分の心に従って謝っても問題はない

いかがでしたでしょうか。

少しサバサバした内容なので、思いやりに欠けるのではないかと思う方がいるかもしれません。

ですがアメリカで裁判に発展しそうになった経験がある僕にとっては、自分の身を守るためにここで生活するにはそうせざるを得ないと考えています。

旅行や生活の上でこのような修羅場に出会う事はほとんどないと思いますが、本質的な部分でこういうことがあり得ると頭の片隅には置いておいてほしいと思います。

コメント