【アメリカでレンタカー】安い値段で借りられる比較サイトの紹介

アメリカ生活
  • アメリカでレンタカーをリーズナブルに借りたい!
  • 現地の人はどんなサイトから予約しているの?
  • 安い値段で借りてあとから何か請求される事は無い?

アメリカでレンタカーをかりる時にどこでレンタカーを借りようとしていますか?

ハーツ(Heaz)やアラモ(Alamo)など大きいレンタカー会社では日本語のサイトが充実していて、安心してレンタカーを借りる事ができますよね。

ですが大手だけあって、割引などはあまり見る事ができませんよね。

ですから、単純に日本語のレンタカー会社のサイトを見比べて安いところを探すことになってしまいます。

今回は、レンタカーをもっとリーズナブルにかりる事ができるウェブサイトをご紹介したいと思います。

このウェブサイトは、現地の人々もよく使うサイトで親会社は「エクスペディア」なので、信頼性は抜群です。

安心して利用をしてくださいね。

本記事の内容
・アメリカでレンタカーをリーズナブルに借りられるウェブサイトをご紹介します
・かりる場所がどこになるのか?など心配事を解決します
・日本からでも安心して予約できる方法が分かります

スポンサーリンク

【アメリカでレンタカー】安い値段で借りられる比較サイトの紹介

引用: Hotwire(ホットワイヤー)

今回ご紹介するのはHotwire(ホットワイヤー)という比較サイトです。

Hotwire(ホットワイヤー)は日本でも有名な比較ウェブサイト「エクスペディア」の子会社です。

ですから決して怪しいウェブサイトではありませんので安心してください(笑)

このHotwire(ホットワイヤー)の面白いところは、購入が完了するまでどこのレンタカー会社となるのかが分からないところです。

これには面白い理由があります。

ブランド名や会社名を隠してレンタカーを販売する事は、購入者、販売者、サイト運営会社の3者にとって良い事があります。

購入者は、大幅に在庫が過多になっている場合に80%以上の割引になることもあります。

販売者は購入者以外に会社名を開示する必要がなく事前に購入した利用者にその価格差がわかる事がなく、その方たちをがっかりさせることがありません。

Hotwire(ホットワイヤー)としては、基本的に会社名を開示しないのでタイミングを見計らって内容を変えることができます。

このような関連性がある為、利用日のギリギリで借りてもリーズナブルな値段で借りる事ができます。

逆に全体的に需要が多くて在庫が少ない場合にはあまりメリットがないウェブサイトという事になります。

また、もともと在庫が少なそうな地方の空港などでも効果は少なめです。

【アメリカでレンタカー】安い値段で借りられる・心配事

初めて使おうとする方は、レンタカー会社が特定できないのでどこの場所に行かなければいけないのかと言う心配があると思います。

アメリカのレンタカー会社は、大きく分けると3つの場所にあります。

①空港内に併設されている駐車場にあるレンタカー会社で、この場合は徒歩でレンタカー会社まで行く事ができます。

②空港の外にレンタカーセンターがあって空港の中にはもともとレンタカー会社がないので、ほとんどのレンタカー会社がそのレンタカーセンターにあるケース。この場合、レンタカーセンターと空港のシャトルバスがひっきりなしに走っています。(ラスベガス空港など)

③空港の外で単独でレンタカー会社を運営している場合です。この場合は、レンタカー会社独自のシャトルバスを空港との間に走らせています。

Hotwire(ホットワイヤー)では空港内かシャトルの表示がありますので、シャトルバスに乗って時間を使いたくない旅行者の方は空港内のレンタカーを選ぶことをお勧めします。

大都市の場合はほとんどがレンタカーセンターとなっているので、②か③のパターンが多いです。

なるべくお得にレンタカーを使いたい方は、時間がかかってもシャトルバスを利用してレンタカーを借りることをお勧めします。

だだ、③の場合は聞いたことが無いレンタカー会社は安くても選ばない方が無難かもしれません。

それは、シャトルバスの運行が少ない可能性があるからです。

シャトルが少ないと待つ時間が長くなってしまい渋滞時は30分~1時間待たされたりすることもあります。

旅行者としては①と②は全く問題なく、③については有名なレンタカー会社ならOKでそれ以外は対象外としておいてください。

シャトルもしっかり運航している可能性もありますので、最悪時間が掛る事を覚悟してお得なレンタカー会社を予約するのは問題ありません。

【アメリカでレンタカー】日本から安心して予約できる実践

それでは日本の方でも安心して予約できるようにこれから実例を挙げてみたいと思います。

行先はラスベガスとしてみましょう。

ラスベガスは、空港内にレンタカー会社が無く全て少し離れた「レンタカーセンター」か、別の場所に自社のレンタカー会社があります。

引用:Clark County Department of Aviation

レンタカーセンターには、11社のレンタカー会社が集結しています。

ですからこの中の会社なら、シャトルバスで待たされる心配はありません。

では早速 Hotwire(ホットワイヤー) のホームページへ行きます。

引用:Hotwire

Pick up locationには「Las Vegas」と日程を入力します。

そうするとこんな感じで結果が出ます。

ここでは、赤枠の部分を見てほしいと思います。

ここには「You’ll get one of these brands」と書かれていますので、このレンタカー会社のどれかという事になります。

今回は無難なところでレンタカーセンターにある会社がほとんどの「Midsize SUV」の16ドルを選択します。

これに保険を追加する事ができます。

保険については借りる際にカウンターで付保する事ができますが、ホットワイヤー(Hotwire)の場合は、レンタカー会社の保険ではなく違う保険会社の保険を安くかける事ができます。

いわゆるLDWの付保がここでは可能です。

SLIは別途窓口で付保しておきましょう。

これで合計が、290.77ドルとなりました。

これが安いのか高いのかを知る為に同じ日程で、アラモ(Alamo)の費用を見てみましょう。

引用:Alamo Rent A Car

同じ条件で入力します。

すると、40,799円と結果が出ました。

アラモの日本のウェブサイトの場合は初めからLDWの保険が付保されているので、保険を付けたホットワイヤー(Hotwire)と比較ができます。

290.77ドル v.s. 40,799円 (370.90ドル)※1ドル=110円換算

というわけで、 ホットワイヤー(Hotwire) の方が80ドル(8,800円)お得にかりる事ができます。

【アメリカでレンタカー】安い値段で借りられる比較サイト・まとめ

いかがでしたでしょうか。

僕はアメリカ生活9年目ですが、約6年ほど ホットワイヤー(Hotwire) でほとんどのホテルとレンタカーを予約しています。

ポイントなどは貯まりませんがその分安く利用できる為、日本からの旅行ではかなりおすすめできます。

英語ではありますが、信頼できる「エクスペディア」のグループなので、リーズナブルな旅行を目指してぜひ試してみてください!

コメント