【30%できれば十分】行動できないのが怖いと思ったら読んでほしい

【30%できれば十分】行動できないのが怖いと思ったら読んでほしいブログ立上げ
  • やろうと思ってもなかなか行動に移せない
  • なるべく完璧にして提出するものは提出したい
  • やらなければいけない事を後回しにしてしまう

皆さん一度はこのような経験がありますよね。

僕なんかは毎日毎日この悩みと戦っています(笑)

そして、自分が思ったように進める事ができず自己嫌悪になってしまう事もあったりします。

人間なので、こうなってしまうのは仕方がない事ですよ。

自分のストレスなどの精神的な状態や疲れなどの肉体的な状態でパフォーマンスも大きく変わってきますので、どう頑張っても連戦連勝でこの悩みに打ち勝つ事なんてできないのです。

ですがこれからご紹介する内容を読んでもらえると少しだけこの悩みが解消されて、自分の悩みと五分五分くらいの勝率で前に進めるようになります。

5分くらいで読めてしまいますので、ぜひ読んでみてください!

本記事の内容
・どうやって行動に移すのか、行動できる方法をご紹介します
・30%でも50%でも見てもらう事の大切さをお伝えします
・結果的に後回しになっていないとう気持ちになる方法をご紹介します

スポンサーリンク

【30%できれば十分】行動できないのが怖いと思ったら読んでください

【30%できれば十分】行動できないのが怖いと思ったら読んでください

今回一番伝えたい事は、タイトルにもあるように「30%できれば十分」というマインドを持ってもらう事です。

やる事の30%くらいなら簡単にできると思いませんか?

1週間の期限があるとすると、2日くらいかけて30%進めればいいのです。

まずは皆さんが一番多く直面する「仕事」を例にしてみましょう。

例にはしますが、考え方は何にでも応用できます!

仕事でもなんでもそうですが、どうしても完璧に仕上げて提出したいと思ってしまいますよね?

でも完璧に仕上げようとすればするほど時間が掛ってしまいます。

しかも見せたら見せたで、もっとこうした方が良いという意見を他の人からもらったりもします。

中には自分が作り上げてきたものを、完全に作り直さなければいけないような指示や意見をもらったりもします。

もうこうなったらやってられませんよね。

ですから「早めに出せるものは出してみんなの意見を聞く」と言う事は自分のためにもなるのです。

では大体どれぐらいで提出をすれば良いのでしょうか。

見せる相手にもよりますが、どんなに頑張ってもどんなに偉い人に見せるのも50%まで仕上げれば十分です。

初めに見せる相手は基本的に最終的な決定者ではなくて、その人の上司にも見てもらうことになります。

だから、それ以上の更新をするアドバイスをもらう可能性がかなり高いのです。

さらにその前に純粋に意見をもらいたい時は、30%の出来でもよいので作って先輩などに見てもらいましょう。

構成さえ出来ていれば相手には伝わりますし、伝わった内容で相手もアドバイスをすることができます。

【30%できれば十分】30%でも50%でも見てもらう大切さ

【30%できれば十分】30%でも50%でも見てもらう大切さ

「3人寄れば文殊の知恵」ということわざがありますは、これは本当にその通りです。

目の前に20%でも30%でもよいので、構成が出来ているプロトタイプのような材料があればそれを見ながら何人かで話をすると、とても良いアイディアが生まれてきます。

具体的な材料を見ながらであれば、普段アドバイスをくれないような人でも目の前のものを良くしようといろいろな方向から考えてくれます。

そしてそのアドバイスにさらに付加価値をつけてくれるのがもう1人の存在です。

そのアドバイスが適切なのかどうなのか、適切であればもっとこうした方が良いのではないかと言うように、とにかく物事が前に進みやすくなります。

結果的に自分が作らなければいけないものですが自分だけの意見にまとまらないので、いろいろなアイデアが詰まっていきます。

この行為は自分にとってもものすごく良い方向へと進んでいきます。

何よりもしっかりと物事が進んでいると言う感覚が持てます。

そして時間をかけずにチェックポイントが待ち受けているので、一つ一つのゴールの間隔が短くなります。

これって結構やる気になりませんか?

【30%できれば十分】結果的に後回しにならないという気持ちになる

【30%できれば十分】結果的に後回しにならないという気持ちになる

これを続ける事でもう1つの副産物があります。

それは、あなたの性格として「この人は未完成だけど提出してくる人だ」とうイメージを周囲に植え付ける事ができます。

考え方によって、良く思われることも悪く思われることもあります。

しっかりと行動しているというように感じる相手もいるでしょうし、未完成なのに出してくるとと感じる相手もいるでしょう。

しかし、そんなことはあまり気にする必要はなく人の気持ちは自分では変えられないので関係ないのです。

大事なのは「この人はこういう人だから」というイメージを周りに植え付ける事なのです。

これが、あなたのキャラクターだと認識されれば個人が思う感情は別にして「なんでこんな未完成な状態で持ってくるんだ」などという文句は絶対に誰も言ってきません。

ですから、あなたはこういう人だと相手に思わせてしまうと言うのはとても大事なことです。

このキャラクターを作ってしまえば大丈夫。

30%を20%に落としても、みんなと一緒に考える事ができます。

意外にみんなアドバイスするのが本当は好きなんです。

でも何もない白紙の紙にアドバイスくださいっていても、あなただってアドバイスできませんよね?

だから最低限の構成は考えて30%でいいから、最初から最後まで完結した「30%の完成品」をつくって見せるのです。

ほら、どう考えても前に進んでいて「後回し」にはなっていないでしょ?

【30%できれば十分】行動できないのが怖い・まとめ

【30%できれば十分】行動できないのが怖い・まとめ

・品質は30%で大丈夫なので完結させよう
・みんなの意見を取り入れて巻き込もう
・「30%で見せてくるやつ」を周囲に認知してもらおう

たったこれだけで、行動できないのが怖いって思わなくなりますよ。

自分が100%の出来だと思ってダメ出しもらうなら30%の出来でダメ出しをもらうつもりの方が、気が楽だし時間も短縮されますよ!

あまり堅苦しく意識する必要はなくて、30%の自分をみんなに普段の自分だと思ってみてもらう方が心にゆとりも生まれます。

ぜひダメしてみてくださいね!

コメント