【これを読めば大丈夫!】初めてアメリカで運転する時注意する3つ

【これを読めば大丈夫!】初めてアメリカで運転する時注意する3つアメリカ生活
  • 運転は苦手だけどアメリカでは簡単?
  • ペーパードライバーでも何とかなる?
  • 右と左が違うらしいけど間違えたりしない?

初めてアメリカで運転する時はとても緊張しますよね。

その気持ちはとても良く分かります。

僕は日本で何年も運転していましたが、それでもアメリカで初めて運転した時は怖かったです。

しかも、運転していたからこそ日本のルールが染みついていて大きな違和感がありました。

ですから、実は日本であまり運転していない方が運転するのは入り込みやすいのかもしれません。

アメリカでは大都市でない限り運転する事は必須なので慣れるしか方法は無いのですが、その不安を少しでも解消できるようになれば嬉しく思います。

危険は3つに絞られますのでその3つを常に意識して運転しましょう。

本記事の内容
・アメリカで初めて運転する時に気を付ける3つの危険について説明します
・3つの危険について危険な順番を理解します
・緊張することより慢心する事の方が危険という意識が持てます

スポンサーリンク

【これを読めば大丈夫!】初めてアメリカで運転する時注意する3つ

【これを読めば大丈夫!】初めてアメリカで運転する時注意する3つ

アメリカの運転で気を付けなければならない事は、①「車線からはみ出ない」②「車線変更や高速の合流」③「右折左折の感覚」です。

この順番で大切だという事を覚えておきましょう。

なぜこの順番なのかというと、この順番で他の車と接触する可能性が高くなっていくからです。

皆さんが心配するほど、右左折を間違えて逆走ってしないのです。

なぜなら、それにいちばん慎重になるからです。

だから、実はあまり気にしない事の方が危なかったりします。

「車線からはみ出さない」なんて当たり前の事なのですけど、この当たり前だと思っている事が注意なのです。

それでは、この3つの危険を1つずつ解説していきます。

初めてアメリカで運転する時注意する3つ ①車線からはみ出さない

初めてアメリカで運転する時注意する3つ ①車線からはみ出さない

これが簡単なようで、いちばん難しいことです。

日本の車は右ハンドルなのですがアメリカは左ハンドルです。

この席位置の違いが、なぜ車線をはみ出ることにつながるのでしょう。

それは座っている場合からの眺めが違うので、車体自体が右のほうへ寄っていつもの視線を確保しようとするのです。

分かり易く説明すると、左ハンドルで左座席なのに、右ハンドルで右座席の景色を見ようとします。

そうすると、車半分くらい右側へ寄ってしまうわけです。

車半分右に寄ると何が起こるかというと、かなり右に寄った状態となり車線からはみ出る状態となるのです。

隣に車がいなければ大丈夫ですが、いると思うとぞっとしてしまいますね。

これが無意識だから怖いのです。

ですから、これ起こり得るという事を意識しておきましょう。

これを簡単に解消するには、常に左の車線に沿って運転する事を心がけて下さい。

いつも左の車線に対してギリギリくらいの気持ちで走れば問題ないです。

意識をしていれば大丈夫。

無意識なのがいちばんいけない事ですから。

初めてアメリカで運転する時注意する3つ ②高速の合流・車線変更

初めてアメリカで運転する時注意する3つ ②高速の合流・車線変更

日本でよく運転される方はそこまで問題視をしないかもしれませんが、運転をあまりしない方にとって合流や車線変更は一大事です。

スピードを合わせるという行為は、慣れていないと相当難しいのです。

車線変更は、スピードを周りと合わせる事は大切。

高速の合流は、合流までに55-65マイルのスピードで合流先のスピードにのることが大切かなと思います。

合流から入ってくる車はこちらが優先なので、逆に自分がスピードを落として入れてあげるのが安全です。

合わせて、アメリカのサイドミラーは日本とは少し違いがあるのです。

日本のミラーは曲面ミラーと言って死角がないのに対して、アメリカのサイドミラーには死角が存在します。

だからサイドミラーだけに頼らないで必ず目視もしましょうね

初めてアメリカで運転する時注意する3つ ③右折左折の違い

初めてアメリカで運転する時注意する3つ ③右折左折の違い

右折と左折の違いはかなり有名な問題なので、意外に皆さんしっかりと守ることができます。

しかし油断は大敵で大通りよりも片側一車線の小さな道の方が気を抜いた時に間違いやすいです。

特に車通りが少ないと自分の前にも侵入する道路にも車がいなくてふと安心して間違った方へ入ってしまうことがあります。

基本的にはこのような時も目の前から車が来るのが分かるので、よっぽどの事がない限り事故は避けられると思います。

1番気をつけてほしい事は、高速と中央分離帯がある道の間違いです。

慣れてきた頃に起こりやすいですが、ふと気を抜いた瞬間に日本の感覚に戻ってしまうことがあります。

大抵の場合は大きな問題になりませんが、高速や中央分離帯のある道路で侵入を間違えるとたちまち逆走となってしまい、リカバリーできないと大事故につながります。

皆さんこれには意識していますのでかなりレアケースではありますが、起こったときに重大な事故となりますのでしっかりと意識しておきましょう。

【これを読めば大丈夫!】初めてアメリカで運転する時注意する3つ・まとめ

【これを読めば大丈夫!】初めてアメリカで運転する時注意する3つ・まとめ

初めて運転をする皆さんにとって3つの注意点をご紹介しました。

緊張をする事は悪い事ばかりではなく、集中することができるメリットがあります。

免許証があるのですから運転できる能力があるわけです。

だから必要以上に緊張しなくてもいいですよ。

それよりも緊張がなくなってしまったり、ぼけっと運転できるようになる事のほうが問題です。

アメリカでも日本でも、運転に慢心と注意力の散漫が事故にあう確率を格段に高くします。

なので運転する緊張感を忘れないように心がけましょう。

コメント