【アメリカキャンピングカー旅行②】ラスベガス~レイクパウエル

【アメリカキャンピングカー旅行】ラスベガス~レイクパウエル②キャンピングカー旅行
  • キャンピングカー旅行1日目の後半戦をご紹介
  • キャンピングカーレンタル後の買い出し
  • キャンプ場でのチェックイン・セットアップ・夕食

ラスベガスからグランドサークルへキャンピングカー旅行をしたいと考えている方って多いのではないでしょうか?

僕はキャンピングカーの旅を実行する為に、色々な方のブログを読んで勉強しました。

ですから実際の旅で学んだ事が皆さんや参考になればと思い細かくご紹介したいと思います。

今回は、月曜日から金曜日までのレイクパウエルとザイオン国立公園の4泊5日の旅です。

1日目の後半は、キャンピングカーレンタル後の「買い出し」と「移動からキャンプ場のチェックイン」、「キャンプ場でのセットアップと夕食」をご紹介します。

本記事の内容
・キャンピングカーレンタル後の買い出しとお店の内容
・レイクパウエルへの移動とチェックイン
キャンピングカーセットアップと夕食の内容

スポンサーリンク

【アメリカキャンピングカー旅行 ② 】ラスベガス~レイクパウエル

【アメリカキャンピングカー旅行】ラスベガス~レイクパウエル②

今回、買い出しのために寄ったお店はこの4つです。

①ホールフーズ(Wholefoods)
②トレーダージョーズ(Trader Joe’s)

③ウォルマート(Walmart)
④スミス(Smith’s food ans drug)

※ ④スミス(Smith’s food ans drug) はKroger(クローガー)系列

このうち ①ホールフーズ(Wholefoods) と ②トレーダージョーズ(Trader Joe’s) と ③ウォルマート(Walmart) の一部は、前日に済ませてあります。

キャンピングカーをレンタル後には、レンタル会社から10分圏内の③Smith’s(クローガー)と④ウォルマートで買い物をして、目的地へ向かいました。

購入したものをざっと並べるとこんな感じです。

前日購入したもの(ホールフーズとトレジョ)

お酒・調味料・パスタ・パスタソース・オリーブオイル・ワインオープナー・瓶にんにく・ナッツ

キャンピングカーをレンタル後購入したもの(Smith’s (クローガー)とウォルマート)

肉・野菜・玉子・デザート・冷凍食品・パン・お菓子・おつまみ・サルサソース・ペットボトル水・ジュース・タオル・バスタオル・ビーチパラソル

実は前日に購入したものも、全てSmith’s (クローガー)とウォルマートでも調達ができるものです。

我が家でいつもよく使う物同じものがよいので、前日に購入したという感じです。

ちなみに昨年は、ホールフーズをレンタル後に選択しました。

食品は良いものが揃いましたが目的地と反対へ20-30分移動する為、タイムロスが発生しましたので、今回は生鮮食品をSmith’s (クローガー)で購入しました。

Smith’s (クローガー)では必ず会員カードをつくりましょう!

パスポートとホテルの住所で作成ができます。

これを作らないとセール価格で購入できないので、作成は絶対です。

ラスベガス~レイクパウエル②【キャンピングカーでの移動】

ラスベガス~レイクパウエル②【キャンピングカーでの移動】

食料や道具を調達したらいよいよ目的地へ向けて出発です。

今回は、初日が最長の移動距離となります。

ラスベガスからレイクパウエルまでは約5時間の距離です。

手元の時計は午後3時半をまわっている為、到着予定時刻は午後8時半頃になります。

ラスベガスからのキャンピングカーの旅では、ラスベガスの町から出るまでが1番の難関です。

交通量も多く高速の合流もしなければなりません。

ラスベガスの町を抜けて国道の15号へ入ってしまえば、あとは渋滞もほとんどなく道も複雑なところはないので最初の30分くらいに細心の注意を持って運転をしましょう。

途中の大きな町を2つほど抜けて、ガソリンが1/4残った状態でレイクパウエルのキャンプ場へ到着しました。

レイクパウエルのキャンプ場へ到着

Wahweap(ワーウィープ)キャンプ場は、グレンキャニオン国立保養地の中にあるキャンプ場で素晴らしい景色とプライベート感のあるスペースで大人気のキャンプ場です。

グレンキャニオン国立保養地へは入場料が30ドル(1週間)が必要でキャンプ場の利用料も30-70ドルと少し高いですが、それでも人気なのはそれだけ施設と景色、アクティビティが整っているからなのでしょう。

窓口はもう閉まっていたので、自動販売機で入場料を支払います。

グレンキャニオン国立保養地へは入場料が30ドル(1週間)

休憩を入れずににそのままノンストップで走ったので、事務所が開いている夜8時のギリギリ前に到着できてチェックインができました。

ここでは2泊3日ですが空きを探して1日ごと別々に予約しましたので、移動しないでそのまま同じ場所で宿泊できないかお願いして、リンクしてもらうようにお願いしました。

キャンプ場のスペースを移動するのは、想像以上に面倒なのです。

フックアップのホースなどを外したり、サイドオープンを戻したり、荷物が落ちないように整理したりしなければいけなくなるからです。

もし8時を過ぎて事務所が閉まっていても問題はなく、事務所のドアに名前とキャンプサイトの場所を書いてくれているので、それを見てキャンプサイトへ入り翌朝にチェックインすればOKです。

ラスベガス~レイクパウエル② 【キャンプ場でのセットと夕食】

キャンプサイトのはB-4という住所となりました。

地図をたどってその住所へ車を駐車します。

ラスベガス~レイクパウエル② 【キャンプ場でのセットと夕食】

ここでは「フルフックアップ」という電気も水道も駐車スペースでまかなえるスペースなので、電気の配線と上下水道のセットアップを行います。

詳しいセットアップ方法はこちらの記事をご覧ください。

また今回のキャンピングカーはベッドルームのサイドを伸ばす事ができるキャンピングカーなので、サイドも伸ばして設置完了です。

ラスベガス~レイクパウエル② 【キャンプ場でのセットと夕食】

そして夕食です。

初日は時間も遅くて移動の疲れが半端ないので冷凍食品をレンジでチンとサラダとなりました。

移動が終わればここが宿泊先なので、ビールで乾杯もできます。

これがキャンピングカー旅行の醍醐味ですよね!

ラスベガス~レイクパウエル② 【キャンプ場でのセットと夕食】

ラスベガス~レイクパウエル② 【キャンピングカー1日目まとめ】

ラスベガス~レイクパウエル② 【キャンピングカー1日目まとめ】

こうして、問題なく1日目が終了しました。

キャンピングカーの旅行では、長くても1日2-3時間の移動で考えたいのですが、初日から最長距離5時間を移動して、さすがに疲れがたまりました。

本当はレンタルパウエルの前に1泊したいところですが、4泊5日という短い期間なので少し無理して走りきりました。

初日にとばした分、2日目から余裕が生まれますので良しとします。

準備で1日のほとんどの使う事となりましたね。

続いて2日目をお楽しみ下さい。

コメント