【アメリカキャンピングカー旅行④】レイクパウエル~ザイオン

【アメリカキャンピングカー旅行④】レイクパウエル~ザイオンキャンピングカー旅行
  • キャンピングカー旅行3日目の行動
  • レイクパウエル周辺観光
  • レイクパウエル~ザイオンまでの道のり

ラスベガス発でグランドサークルへキャンピング旅行を計画するあなたへ、ぜひ見てもらいたいと思います。

月曜日から金曜日までのレイクパウエルとザイオン国立公園の4泊5日の旅をしたリアルな情報をお届けします。

アメリカでキャンピングカーの旅行を実現するにあたっては、たくさんの情報を皆さんのブログから学ばせて頂きました。

僕の旅も皆さんの参考になればと思います。

今回はキャンピングカーの旅3日目をお送りします。

3日目の水曜日は、レイクパウエルの周辺観光を考えてザイオン国立公園内のキャンプ場への移動をします。

それではどうぞ!

本記事の内容
・レイクパウエルとその周辺観光
・ザイオンまでの移動と燃費向上テクニック
・ザイオン国立公園でのセットアップ

スポンサーリンク

【アメリカキャンピングカー旅行④】レイクパウエルとその周辺観光

【アメリカキャンピングカー旅行④】レイクパウエルとその周辺観光

レイクパウエルの朝は意外に冷え込んでいて、半そで短パンのパジャマでタオルケットでは少し寒く感じました。

夜8時くらいから夜中までは非常に暑いので油断してそのまま寝ると体調を崩すかもしれませんので、寝るときは長袖の方がよいです。

そして朝は早起きして日の出を見に行きました。

同じビーチですがお昼とは違って静かで涼しくて気持ちがいい日の出。

グランドサークルは基本的にずっと天気が良いので、旅行者にとって天気をほとんど気にしなくてもよいという利点があります。

3日目の行動には移動日ということもあり、いくつかオプションがありました。

【観光オプション】
1 ビーチで遊んでから夕方移動
2 ホースシューベント・ダム・ペイジの町を観光して移動
3 アンテロープキャニオンのツアーに参加から移動
4 すぐにザイオン国立公園へ移動してザイオンを楽しむ

当日まで決めていませんでしたが子供にとっては水遊びがやっぱり楽しいだろうということで、オプション1のビーチでもう一度遊ぶことにしました。

時間が余れば、ホースシューベントやグレンキャニオンダムに立ち寄ろうという計画。

結果的には、グレンキャニオンダムと帰り道のレイクパウエルの景色を楽しむだけとなりましたけどね(笑)

以前アンテロープキャニオンやホースシューベントは行った事があるので、それもまぁいいかなぁというのが本音でした。

こちらはアンテロープキャニオンのツアー。

アンテロープキャニオンのツアー

アンテロープキャニオンはツアーでお金が掛かりますし、ホースシューベントは無料ですが駐車場から大きな砂山を登るので体力を使います。

こちらはたどり着くまでに砂山を登るホースシューベント。

たどり着くまでに砂山を登るホースシューベント

それなら、もう二度とこれないかもしれない「レイクパウエル」をもう一度堪能しようということになったわけです。

この近辺に初めて来られる方は、オプション2かオプション3を選ぶべきなのかなと思います。

旅が忙しくなりますが初めてだと色々な所へ行きたくなってしまいますからね!

またビーチで遊ぶと決めた我が家は、朝ご飯も早々に食べてキャンピングカーをビーチから一番近い駐車場へと移動させました。

キャンプ場のチェックアウトが11時でそれまでに戻らなければならないのは面倒ですし近い方が昼食も取りやすい為そうしました。

【アメリカキャンピングカー旅行④】レイクパウエルとその周辺観光

ビーチで数時間遊びキャンピングカーへ戻って昼食、そして日焼け止めが気持ち悪いということでキャンピングカーでシャワーまで浴びて最後までビーチを堪能しました。

このシャワーを使ったのにはもう1つ理由がありました。

それはこの後で分かります。

この時点で午後3時を回っていますが、ザイオン国立公園までは2時間半の道のりなので行った事がないダムだけ行ってしまおうという事になりました。

グレンキャニオンダム

Wahweapのキャンプ場からはたったの10分で、ペイジ(Page)の町の手前にあります。

時間があればツアーもしたかったですが、景色を見てお土産買っておしまい。

なぜなら「レイクパウエル」の絶景ポイントを通り過ぎたので、ここでも写真をと思い戻る事にした為です。

「レイクパウエル」の絶景ポイント

絶景を見てここへ来てよかったなと改めて思いました。

【アメリカキャンピングカー旅行④】ザイオンへ到着移動と燃費向上

【アメリカキャンピングカー旅行④】ザイオンへ到着移動と燃費向上

ザイオン国立公園までは2時間半の距離なので元気があれば問題なく移動できる距離です。

ですがここまで読んだ方なら想像はつくと思いますが、日の出から起きてビーチで遊びまくった僕に体力は残されていませんでした(汗)

1時間半ほど走ったところで眠気がひどくて15分だけ仮眠して、何とか日が暮れる前の8時ごろに到着しました。

短い運転で助かりました。

今回は本当に距離が短いのでその分ゆっくり時間が取れます。

ザイオン国立公園はユタ州なのでアリゾナ州の「レイクパウエル」とは時差が1時間。

時間が1時間進んでしまいましたのでレイクパウエル時間だと夜7時なのですが、時差の狭間では仕方がないですね。

ラスベガスから給油無しでこの「レイクパウエル」まで走ってきたので燃料は残り1/4まで減っていました。

レイクパウエルを出てすぐ近くのガソリンスタンドで給油をします。

レイクパウエルを出てすぐ近くのガソリンスタンド

ここで満タンに入れる必要はないので重量を少しでも軽くしたいので3/4くらいにしておくのが理想です。

そう、結構重量が違うと燃費が変わってくるのです。

運転していても軽さを感じるほど違いが出る方法があります。

それが先程の「シャワー」です。

シャワーそのものには意味がありませんが、水を抜くとめちゃくちゃ軽くなります。

燃費が良くなれば経済的なのでタンクを空にして走るという方法ぜひ参考になればと思います。

【アメリカキャンピングカー旅行④】ザイオン国立公園のセットアップ

【アメリカキャンピングカー旅行④】ザイオン国立公園のセットアップ

ザイオン国立公園へ到着した時には入口のゲートにもキャンプ場にも係員がいない状態でした。

じゃあチェックインってどうやってするの?と疑問に思いますが大丈夫です。

キャンプ場の入り口に予約済みの人はこのキャンプサイトね!という張り紙がしてあります。

翌日の朝に窓口でチェックインすれば問題ないのです。

【アメリカキャンピングカー旅行④】ザイオン国立公園のセットアップ

このキャンプ場は電気はフックアップできますが、水道はフックアップできません。

ですから着いたらすぐに空のタンクに上水を注入です。

【アメリカキャンピングカー旅行④】ザイオン国立公園のセットアップ

このキャンプ場は想像以上に綺麗でした。

やっぱり国が管理してるって素晴らしいなの一言です。

しかも1泊30ドルという格安さ

ぜひ皆さんも一度泊まってみて下さい!

【アメリカキャンピングカー旅行④】レイクパウエル~ザイオン・まとめ

【アメリカキャンピングカー旅行④】レイクパウエル~ザイオン・まとめ

移動を含みましたが十分に遊ぶ事ができた3日目でした。

あまり距離を稼がない旅行というのがやめられなくなりそうです。

今日は料理を載せなかったのですがその理由は「大したものを作らなかったから」です。

お昼はおにぎりとお味噌汁で、夜はまたサイコロステーキでした。

それでも十分美味しい家庭の味です。

それでは次は4日目。

実質の最終日となります。(5日目が移動のみの為)

お楽しみください!

コメント