【ラスベガス絶賛ホテル】Wynn(ウィン)とEncore(アンコール)

【ラスベガス絶賛ホテル】Wynn(ウィン)とEncore(アンコール)アメリカ生活
  • ラスベガスでおススメのホテルはある?
  • 観光はしたいけどホテルでもゆっくりしたい!
  • できれば安く泊まりたい!

ラスベガスの観光で一泊だけでも良いので、ぜひ宿泊してほしいホテルがあります。

それはWynn(ウィン)ラスベガスかEncore(アンコール)ラスベガスです。

このホテルの特徴は「贅沢な時間を使う事ができる」というところです。

では、そのWynn(ウィン)ラスベガスとEncore(アンコール)ラスベガスの素晴らしいところをご紹介したいと思います。

我が家では、過去に Wynn(ウィン)ラスベガスに1度、Encore(アンコール)に2度宿泊した事があります。

基本的には子供がいると Encore(アンコール)の方が静かで良いので、Encore(アンコール)の2回が最近となっています。

また、安く泊まれる方法も合わせてご紹介しますね!

本記事の内容
・Wynn(ウィン)とEncore(アンコール)ラスベガス の施設をご紹介します
・ 格安で宿泊できる方法をご紹介します

スポンサーリンク

【ラスベガス絶賛ホテル】Wynn(ウィン)とEncore(アンコール)

【ラスベガス絶賛ホテル】Wynn(ウィン)とEncore(アンコール)

「贅沢な時間を使う事ができる」といっても施設が充実してしっかりしていないと意味がありませよね。

「ホテルから出なくてもいい!」と思えるほど施設が充実しているので、その一部をご紹介します。

大前提として、ラスベガスの中心地に比べると有名ホテルの中でもずいぶん宿泊者以外の観光客は少ないでので、その時点で快適なのでそれだけでおススメだったりします(笑)

①ホテルの部屋

【ラスベガス絶賛ホテル】Wynn(ウィン)とEncore(アンコール)

五つ星ホテルなので部屋のグレードはとても高いです。

いつも安く利用する私は基本的に低層階なのですが、それでも部屋からは出なくても良いと思えるくらいゆったりと過ごせます。

部屋のテーブル、シャワーやドアに至るまで普通のホテルにはないクオリティです。

ワイングラスもリーデルか置いてあって「一流のものを使っている」という事がわかります。

【ラスベガス絶賛ホテル】Wynn(ウィン)とEncore(アンコール)

カーテンや照明もベッドの操作パネルで操作できます。

アマゾンの「アレクサ」も用意してあって、アレクサも、照明や音楽、天気予報も教えてくれてとにかく便利でした。

ソファもL字型で足を伸ばしてくつろぐ事ができます。

ワインを外で買ってきて飲みながらゆっくり過ごすなんていう時間もアリかもしれません。

②プール

【ラスベガス絶賛ホテル】Wynn(ウィン)とEncore(アンコール)

プールはもちろん宿泊者しか利用できません。

カジノやロビーがある一階にありますが、そこを通らないで二階のフィットネス・スパからプールへ入れるので、部屋から水着のまま向かう事ができます。

Wynn(ウィン)ラスベガスとEncore(アンコールのホテルに囲まれていて、とてもリッチな雰囲気のプールになっています。

タオルはいくつでも貸してもらえますし、プールサイドのビーチチェアなども自由に使えます。

子供の滑り台などは無く、大人がプールサイドでお酒を飲みながらゆっくりするタイプですが、4歳の息子は十分に楽しめています。

【ラスベガス絶賛ホテル】Wynn(ウィン)とEncore(アンコール)

お子さんがいる場合は、使い捨てのつもりで安めの浮き輪を持ってくると良いでしょう。

ラスベガスで購入すると高いと思いますので。

大人だけで静かに時を過ごしたい場合は、奥のプールは21歳以上しか入れない場合になっていますので、更に静かに時間を過ごす事ができます。

③フィットネス・スパ

【ラスベガス絶賛ホテル】Wynn(ウィン)とEncore(アンコール)

二階にあるフィットネスやスパは、プールを超える豪華さがあります。

スパはもちろん別料金が発生しますが、フィットネスセンターは、リゾートfeeに入っていますので利用料金は掛かりません。

素晴らしい設備が揃っていて、トレッドミルしか使用しない僕にとっては十分すぎる内容でした。

【ラスベガス絶賛ホテル】Wynn(ウィン)とEncore(アンコール)

ペットボトルの水と、バナナやリンゴはエナジー補給で無料です。

スパは残念ながら体験出来ませんでしたが、とても気持ちがよく最高の空間でマッサージやスパが受けられます。

二階のスパ・フィットネスエリアはかなり豪華でくつろげる空間なので、その空間にいるだけで幸せな気分になります。

二階エリアは宿泊者が一般の観光客に会わずにプールへアクセスできるエリアですので、プライベート感満載のスペースになります。

④ショッピング

【ラスベガス絶賛ホテル】Wynn(ウィン)とEncore(アンコール)

Wynn(ウィン)ラスベガスとEncore(アンコールのホテル内のショッピング街は、一流ブランドが軒を連ねています。「ヴィトン」「シャネル」「エルメス」など、一般ピーポーが気軽に買い物ができるような感じのお店は少な目です(笑)

ですが、ホテルから大通りのストリップの向かい側にある「ファッション・ショー」という大きなモールがあるので、そちらでショッピングをすると良いと思います。

「ティファニー」「コーチ」「アンソロポロジー」「ディズニーストア」「ケートスペート」「アンダーアーマー」などアメリカの一般的なモールにブランドのお店が追加で入っているようなイメージです。

日本から来られる方にとっては目移りしてしまう店構えだと思います!

⑤食事

【ラスベガス絶賛ホテル】Wynn(ウィン)とEncore(アンコール)

食事もホテルでできれば最高です。

Wynn(ウィン)ラスベガスのバッフェ(バイキング)は、ラスベガスでもクオリティが高いと有名です。

他にもプールサイドで食事もできますし、カジノの中にもアメリカンとアジアンもあります。

とにかく食に困る事はありません。

ただし一つだけ問題がありまして基本的に「高い」です。

以前プールサイドでお腹いっぱい食べてお酒も飲んで楽しんだところ、ホテル代より高くついたという失敗もありました(笑)

我が家でも例外ではないので、先程の「ファッション・ショー」のレストランで食事したりします。

最近ではレンタカーを借りるようにして、ラーメンや有名なバーガーを食べに行ったりする事もあります。

⑥カジノ

【ラスベガス絶賛ホテル】Wynn(ウィン)とEncore(アンコール)

ラスベガスといえばカジノなので、基本どこのホテルにもあります。

スロットやビデオゲームはどこのホテルでも違いはありません。

ブラックジャックやルーレットなどのテーブルゲームも、それぞれのホテルでカジノの内容に大きな差はありませんが、ホテル毎にミニマム(最低掛け金)が違います。

高級なホテルほどミニマムが高くなりますので、Wynn(ウィン)やEncore(アンコール) ではスタートが20ドルとか25ドルになります。

結構高めのミニマムになります。

朝方や昼はカジノが空く時間帯なので、そこでは10ドル程度からテーブルゲームが出来たりします。

「エクスカリバー」や「サーカスサーカス」などの安めのホテルだと、1ドルからスタートしていたりするので、カジノで少ない資金で遊びたい場合はそういうホテルがおススメです。

Wynn(ウィン)とEncore(アンコール)格安で予約する方法

Wynn(ウィン)とEncore(アンコール)格安で予約する方法

我が家ではこの5つ星ホテルを、いつもリゾートフィーと呼ばれる費用を含めて140ドル~160ドルくらいで泊まっています。

予約の方法は、アメリカで有名な購入するまで分からない「ミステリーホテル」のサイト「hot wire」を使用しています。

詳しくは別の記事でまとめていますのでこちらをご覧ください。

ぜひ一泊だけでも良いので宿泊してみて下さいね!

Wynn(ウィン)とEncore(アンコール) まとめ

Wynn(ウィン)とEncore(アンコール) まとめ

・ぜひ一度泊まってほしいホテル
・一泊でも良いので体験してみて下さい
・レンタカーがあると自由が増します(駐車場無料)
・道向かいの「ファッションショー」モールは使えます
・カジノ主体で低価格勝負なら別のホテルがよいです

とにかく贅沢に過ごしたいと思われる方は、何度も言いますが1泊でも良いので泊まってほしいホテルです。

きっとこの先も、我が家ではまずはこのホテルが第一希望となります。

時期やタイミングによって高くなってしまうときは諦めますが、そうでなければぜひとも格安方法で予約して欲しいと思います!

コメント