アメリカで銀行のチェックを悪用された場合の対処法

アメリカで銀行のチェックを悪用された場合の対処法アメリカ生活
  • チェックを悪用されるなんてことあるの?
  • 何が原因かはわかる?
  • どうやって対処すればいい?

アメリカで銀行のチェックを悪用されてしまいました。

しかも2回です。

問題は2回目の悪用で、このチェックは何のアラートも出ないで処理されて現金が引き出されてしまいました。

日本とは違う文化で生きているので多少の事は驚いたり心配したりはしませんが今回はとても心配になりました。

1回目の時にやっておくべきこともあったのかなと反省もしながら、皆さんが同じ目に合わないようにして欲しいと思い記事にしました。

本記事の内容
チェックが悪用された流れをご説明します
今回の悪用の原因をご説明します
悪用されてしまった時の対処方法をご説明します

スポンサーリンク

チェックが悪用された流れ

チェックが悪用された流れ

約10年間アメリカに住んでいてチェック(小切手)を悪用されたのは初めての経験でした。

今までクレジットカードやデビットカードの悪用は経験がありましたが、チェック(小切手)とはいえ銀行口座からそのままお金を引かれてしまったのは初めてです。

率直な気持ちは、とても不安で気持ちが悪いと言う感じがしています。

冷静に考えて自分に不手際がなかったかと考えてみると「ゼロ」ではありませんでした。

このような点も含めて今回の一連の流れをご説明したいと思います。

まずはチェックの使用についてです。

この悪用されたチェックは以前僕が正しい使い道で使ったチェックです。

そしてそのチェックは銀行で正しく処理されています。

銀行で正しく処理された後に何者かがそのコピーを使用して僕のチェックを使ったのが明白です。

詐欺の方法はいたってシンプルで以下のような手口です。

①僕の振出したチェックを誰かがコピー
②コピーしたチェックを修正テープなどで加工
③チェックナンバーを書き換える(特殊番号も変更)
④携帯電話でチェックを撮影する「モバイル入金」で詐欺グループの口座へ入金
⑤僕の銀行口座からお金が引き出される

こんな簡単な方法でお金を奪われてしまう事に驚いているのと、チェックの使用が怖いものだという事も分かりました。

初1度目のチェック悪用は、銀行から「アラート」といって確認の連絡がメールできました。

すぐにメールを確認して電話したのでこの時は未遂に終わっています。

その際に「銀行へ行って口座番号は変えてもらって下さいね」という言葉を頂きました。

2度目はその約一週間後に発生してしまったのです。

銀行へ口座番号の変更へまだ行っていないタイミングでした。

そしてこの時は銀行から「アラート」が無く、たまたま開いたモバイルバンキングで僕が見つけたものでした。

すぐに銀行に電話しましたが1時間ほど「たらい回し」に会って、挙句の果てに支店へ直接行ってくださいというコメントでした。

アメリカでの電話対応はこんなものなので驚きはしませんが、こういう大切な時は苦痛ですね。

今回の悪用の原因

今回の悪用の原因

今回の原因は2通りが考えられます。

この2通りの方法しか考えられません。

①渡した会社の誰かがコピーして悪用する
②メールでチェックのイメージ画像をPDFで送ったメールを盗まれた

個人的には①の僕のチェックを渡した会社はしっかりとした会社だと思っているので、②の可能性が高いと思っています。

とはいえどちらの可能性もあるので、チェックを渡した会社へも事実を連絡してあります。

②のメールでのやり取りは自分でも甘く考えていたと言わざるを得ません。

メールってこんな簡単に盗まれるのかと思って恐ろしくなりました。

ちなみに使用していたのは米国のヤフーメールです。

今までセキュリティというものを考えた事は無く「自分は大丈夫」と思っていた節があります。

これは考え方を改めるいい機会になったと心から感じました。

銀行の口座に手を付けられるストレスはかなり大きなものです。

悪用されてしまった時の対処方法

悪用されてしまった時の対処方法

もしチェックが悪用されてしまったら真っ先にやるべきことは、銀行へ連絡を入れる事です。

ほとんどの場合は銀行からアラートが出て、メールなどで連絡が来るはずです。

アラートが出てている場合はそこに電話番号が書いてあるのでそこに連絡をするのがよいでしょう。

もしアラートも出ていないのに不審なチェックが発行されている場合は、迷わずに銀行へ行って対面で処理してもらいましょう。

この場合に一般的な銀行の問い合わせに電話すると、残念ながら「たらい回し」に会ってしまうのがオチです。

1時間弱の時間をかけた挙句に「直接銀行へ行ってください」といわれるなら、銀行に行く方が有益です。

銀行ですぐやる事は「口座番号の変更」です。

これはすぐにやってもらうに越したことはありません。

これさえやっておけば僕のような2次災害は防げるので、すぐに口座番号は変更してもらいましょう。

最近はすぐに口座を変えてすぐにキャッシュカードも発行されるので、大きな不都合はあまりないと思います。

メールでイメージを送ったりすることは殆どないと思いますがそのような事があれば、メールアドレスの変更も必ずしておきましょう。

まとめ

まとめ

・チェックが悪用されると精神的ダメージは大きい
・メールでのチェックイメージの送信は厳禁
・アラートメールの直通電話には電話でそれ以外は銀行へ直接行って話す方がよい
・口座番号の変更は躊躇せずする事

いかがでしたでしょうか。

こんな事は人生でほとんど経験する事はありません。

貴重な経験ですがもう二度と起こしたくないので、自分のセキュリティは自分で守りたいと思います。

皆さんも自分事として一度見直してみて下さい。

コメント