物事を前に進める5つの方法

【試してみると劇的変化!】物事を前に進める5つの方法海外勤務したい
  • やりたいと思っていることが前に進まない
  • 仕事がたくさんあって効率が悪い
  • 何もしないまま1日終わってしまう

皆さんも一度はこのような経験をしたことがあるのではないでしょうか。

僕にだって当然あります。

人間は必ず好不調の波があり、自分が不調なときに物事が何も前に進まないとそのままやらなければいけない事に埋もれていって、出口が見えなくなるようなこともあります。

簡単にこのような流れが想像できるので、人は自分の調子が悪い時こそ物事を前に進めなくてはなりません。

今回はそんな時にどうやって少しでも前に進めていくのかと言う心構えをご説明したいと思います。

本記事の内容
物事を前に進める5つの方法をお教えします
余裕が持てるように心がけよう

スポンサーリンク

【試してみると劇的変化!】物事を前に進める5つの方法

【試してみると劇的変化!】物事を前に進める5つの方法

物事を前に進める為には自分の好不調と関係なく自動的に処理できるようにする事が肝となります。

気分の上下でなるべくパフォーマンスが落ちないようにするという事です。

そうは言っても難しいですよね。

だからこの5つを使って、なるべく気持ちに上下に左右されないようにしていきましょう。

①事前にするべき事を決めておく

前日の夜が良いですが明日やるべき事を決めておきましょう。

すぐに取りかかる方が集中力が上がって確実にパフォーマンスが上がります。

また、やる事がリスト化されていると「あれもこれも」という不安がなくなりますので、それも安心材料となりサクサク進めるきっかけになります。

簡単に事前に決めておくと書いてありますが、これが5つの中で1番難しいものだと思います。

思った通りに進まないこともあるので、毎日考える癖をつけて自分にとってちょうど良い量を設定できるように試行錯誤してみましょう。

②空白の時間をつくる

予定を決めるときは必ず何の予定もない空白の時間を用意しておきましょう。

その日にいきなり降って湧いて出る予定がある事は皆さんわかりますよね。

なるべく避けたいことではありますが毎日必ず発生するものなので、ある程度のコントロールはできるかもしれません。

なるべくクッションを持った時間を作っておいてそこで吸収できるようにしておくと良いと思います。

これもどれぐらい必要なのかと言うのはなかなか読めませんが、大体のトレンドを自分の中で読み取って設定しておくと良いです。

全く見当もつかないと言うような形であれば午前と午後で1時間ずつぐらいみて、多いのか少ないのかを考えながら調整していくと良いと思います。

③帰る時間を必ず決めておく

ダラダラと時間を過ごすのは絶対に良くありません。

自分の中で帰る時間を毎日決めておいて、その時間に帰れるように調整しながら進めてください。

時間切れになってしまったら反省してそれでも帰ったほうが自分のためになります。

明日に回せる事は明日に回してまた作戦を練り直しスケジュールを立てて挑戦することにしてください。

④集中すべき時間を午前・午後必ず作る

今日やることの中で大切なものを集中してやるときに「集中する時間」を作るようにしましょう。

今日やる1番大事なものをこの時間に充てるようにしてください。

人間の集中力は1時間位保つのがやっとなので、午前中に1時間午後に1時間というように設定して本日のメインイベントとして集中してやるようにしましょう。

ではその前後をどうするのかと言うと空白の時間であったり、リラックスしてできることを当てはめるようにしていきましょう。

⑤優先順位を決める

これまでのことをすべてやろうと思うと、優先順位をつけなければいけないと言うことがわかります。

特にメインイベントとしてやる事は最優先事項になりますし、重要度が低いものに対してはリラックスしてできる時間にあてると言うような時間軸の中で何をやるべきかを設定していきましょう。

その中で緊急でもなくて重要でもないようなものは本来やる意味があるのかと言う議論も自分の中で見出してください。

やらなくて良いものをやろうとしている可能性もあります。

物事を前に進める5つの方法余裕が持てるように心がけよう

物事を前に進める5つの方法余裕が持てるように心がけよう

常に余裕を持って行動できるようにするにはどうしたらよいでしょうか。

実はそんなに難しい事ではないんです。

自分が余裕をなくしてしまう時ってどんな時か考えてみると「急ぎでやらなければいけない重要なもの」がたくさん並んでしまった時ではないでしょうか。

こんな時は何から手をつけていいのかわからなくなって結構大変な思いをします。

なのでこれを改善することを考えれば大丈夫です。

改善するには急ぎになる前にそのことを片付けておくというのが答えです。

いきなり重要なことを急ぎでやると言う場面は実はあまり多くなくて、急ぎでは無いけども重要なことというのが埋もれてしまっています。

一見急ぎではないので後回しにしてしまいがちですが、これを放っておくと急ぎで大切なことをやらなければいけなくなってしまいます。

ですから急ぎでは無いけども重要なことと言うのを常にピックアップしておいて片付けていくというのが大切なことになります。

【試してみると劇的変化!】物事を前に進める5つの方法・まとめ

【試してみると劇的変化!】物事を前に進める5つの方法・まとめ

・物事を前に進めるには気分に左右されないパフォーマンスが必要
・1番大切なのは事前にスケジュールを決めておくこと
・優先順位はいつも考えておこう
・急ぎではない重要なことを率先して片付けていこう

自分の調子が悪い時やテンションが低い時こそ淡々と物事をこなしていけるようになることが、常に余裕を持って物事に当たると言うことになります。

ですから物事を前に進めるために1つの方法を実践してみて効果を試してみてほしいと思います。

何事も段取りが大切ですので、事前に何をやるか考えておくと言うのが最重要だと思っています。

継続をすることでそれも楽に考えれるようになりますのでぜひ試してみてください

コメント