【お得?割高?】ディズニーワールド(WDW)のオフィシャルホテル

【お得?割高?】ディズニーワールド(WDW)のオフィシャルホテルアメリカ生活
  • オフィシャルホテルはやっぱり割高?
  • いいところと悪いところを知りたい
  • 結局のところおすすめできる?

ディズニー好きなら人生一度は行ってみたいウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)!

やっぱり渡航費やチケットはかなり高いですよね。

合わせて観光地なのでホテルも高いです。

色々と試しては見たものの、滞在先は旅行者の様々なタイプによって良し悪しが変わってきます。

オフィシャルのホテルは便利だし何も考えなくても良いので心配が得にはありません。

何より安心なのでそのホテルを選びたくなります。

今回は、ウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)のオフィシャルホテルについてお得なのかどうなのかを様々な視点から考えてみたいと思います。

本記事の内容
・オフィシャルホテルについてご説明します
・オフィシャルホテルの良いところ悪いところを挙げてみます
・結局のところ選ぶべきなのかということを考えてみます

スポンサーリンク

ディズニーワールド(WDW)のオフィシャルホテルについて

ディズニーワールド(WDW)のオフィシャルホテルについて

オフィシャルホテルと言うのはウォルトディズニーワールドが運営するホテルの数々です。

価格帯は1番安いバリュークラスで100ドルから200ドル位です。

そこから4つほどグレードがあって、最上級クラスになると1泊1部屋で500ドル~700ドルといったホテルもあります。

中にはホテル内でキリンを飼っている動物園のようなホテルや、モノレールでパークとつながっているようなホテル、超高級のヴィラとなっているようなホテルなど多岐に渡ります。

我が家のような一般家庭では4番目(1番下)のグレード「バリュー・リゾート・ホテル」か、もしくは下から3番目のグレードが選択肢となります。

高い2つのグレードになるとかなり背伸びをしなければいけません。

高い2つのグレードだと安い時期でも1泊1部屋400ドルからといったところでしょうか。

オフィシャルホテルが他のホテルやリゾートホテル等と比べるとどっちがいいのかな?というような方々をこの記事は対象にしています。

ですから、ここでは3番目のグレードと4番目のグレード(下から2つのグレード)を詳しく説明したいと思います。

まずは1番安いオフィシャルホテルは5つあります。

ここは「バリュー・リゾート・ホテル」という呼び方をします。

【バリュー・リゾート・ホテル一覧】
・「 ディズニーズ・オールスター・ムービー・リゾート」
・「 ディズニーズ・オールスター・ミュージック・リゾート」
・「 ディズニーズ・オールスター・スポーツ・リゾート」
・「ディズニーズポップセンチュリーリゾート」
・「ディズニーズアートオブアニメーション」

この5つは、いわゆるモーテルのような作りになっていて日本っぽく言うと団地のようなイメージです。

我が家がオフィシャルホテルに泊まる時は、大体ここのホテルのどれかになってしまいます(笑)

基本的には寝るだけの為のホテルと考えればよいのですが、プールもあったり当然食事するところもあるので、モーテルっぽいといってもオフィシャルホテルだけあってしっかり施設は完備しています。

長期滞在の宿泊者も想定していて洗濯機も有料ですが完備しています。

次にその上の3番目ランクとなると値段は200ドルから400ドル位になります。

このタイプのホテルはプライベート感が増して部屋もゆったりな感じが生まれます。

我が家では一度だけこのクラスのホテルに泊まりましたが、結局のところメインはパークへ行く事なのでそれほど大きな恩恵があるようには感じませんでした。

ただし広めの部屋でゆっくりできるというメリットはあるので、あまり狭いところでこじんまりとした宿泊をするのが嫌なのであればこのクラスのホテルを選んでも良いと思います。

オフィシャルホテルのメリット・デメリット

オフィシャルホテルのメリット・デメリット

オフィシャルホテルのメリットは、なんといってもオーランドの空港からホテル、パークとホテルの間のシャトルバスが完全無料でしかも待ち時間が少なく頻繁に運行していることです。

これによって旅行者はディズニーワールドへ行くだけであればレンタカーなどを借りる必要がなくなり交通手段に苦慮することがありません。

食事もパーク内やディズニースプリングスというお店やレストランがあるモールへシャトルバスで行くことができるので、基本的に生活はすべて成り立ちます。

次に「安心感」というものが挙げられます。

ホテルもディズニーの運営なので対応もしっかりとしてくれてパークとのアクセスも良いので安心して旅行を楽しむ事ができます。

それ以外のメリットは、オフィシャルホテルのなのでホテル全体的にディズニーのキャラクターをふんだんに使用してかわいらしく作られている部分。

また、チケットやファストパスなどにも利用するマジックバンドで部屋のルームキーとして利用できる事です。

これらはオフィシャルホテルならではの体験で、ホテルに帰ってもディズニー気分を味わえるというのはファンにとっては最高の状態ですね!

逆にデメリットを挙げてみましょう。

全体的に値段が高いです。

ホテルはかわいらしく作られてはいるものの、設備や施設は安宿と変わらないのにかなり高めの値段設定となります。

また、移動手段がシャトルバスに限定されるので、他の場所へ行く事や買い物には中々行けないくなります。

結果的に「パーク」、「ホテル」または「ディズニースプリングス」というモールのどこかで全て完結しなければなりませんので、全体的に食費や水などの飲み物のコストも上がってしまいます。

パークに近いという事は、一般の商業施設からは離れた位置となりますので「歩いてコンビニへ行く」というような距離にお店がありません。

他のホテルであれば歩いて行けたり、車で5分などの県内にスーパーなどがあるでしょうからお水などの飲みものやスナック、ちょっとした食事は簡単にできます。

そして、位置的な関係から「ディズニー」以外の観光には不便となります。

近すぎるが上にそのほかの地域には行きにくくなるという事です。

まとめてみるとメリット・デメリットはこんな感じです。

【メリット】
・オーランド空港とホテルまでのシャトルバスが往復無料
・ホテルからパークやディズニー施設へのシャトルバスが無料で待ち時間も少ない
・オフィシャルホテルの安心感が高い
・ホテルでもディズニー気分が味わえる
・マジックバンドがホテルのドアのカギや支払いにも利用可能

【デメリット】
・ホテル代が割高となる
・移動手段がシャトルバスに限定される
・食費など生活費もディズニー施設での利用となるので割高となる
・水や食べ物、お菓子、お土産などのちょっとした買い物ができない
・ディズニー以外の観光には不便な場所

結局のところオフィシャルホテルを選ぶべきなのでしょうか?

結局のところオフィシャルホテルを選ぶべきなのでしょうか?

メリット・デメリットを挙げてみましたが「結局はどっちがいいの?」という事がいまいち分かちませんよね?

答えは、皆さんの状況によってどちらを選択するべきなのかが大きく変わってきます。

例えば、本当にディズニーが大好きでそれだけの為に訪れるというのであれば、オフィシャルホテルがおススメでしょう。

また、海外旅行が初めてとか慣れていない方もオフィシャルホテルの安心感とシャトルの便利さがあるのでオフィシャルホテルがおススメ。

逆にディズニーだけでなくUSJや他の場所にも行きたいのであれば、通常のホテルやリゾートホテルが良いでしょう。

旅行慣れしている方もコストや利便性を考えるとオフィシャルホテルは避けた方が良いかもしれません。

状況によって大きく変わりますが、1つアドバイスするのはこれです。

  • 面倒な事が嫌なのであれば断然オフィシャルホテル
  • 面倒でも自分だけの旅を作り上げる事が好きな方はそれ以外

とにかくオフィシャルホテルは利便性が高いので費用を考えなければ「安心感」も相まって失敗する事がかなり少なくなります。

低コストで「お得感」を感じたいのであれば自分でホテルを探して選びましょう。

失敗するとオフィシャルホテルと同等か割高になってしまう事もあるでしょう。

しかし旅の経験値はかなりアップしますので僕はそれで気持ち的には満足感がある方の人です(笑)

ディズニーワールド(WDW)のオフィシャルホテル・まとめ

ディズニーワールド(WDW)のオフィシャルホテル・まとめ

・オフィシャルホテルは大きく分けて4グレード
・バリュークラスと一般クラス(下2つのグレード)は一部屋$100~$300/1泊
・バリュークラスと一般クラスではプライベート感と部屋の大きさが違う
・オフィシャルホテルは空港からホテル、パークのシャトルが全て無料
・オフィシャルホテルの安心感は大きい
・オフィシャルホテルはホテル代・食費が高い
・オフィシャルホテルと通常ホテルのどっちがお得なのかは皆さんの環境次第

フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)はとても奥が深い場所です。

僕はディズニーが大好きだという事ではありませんが、このような仕組みやどちらが良いのかという判断がとても興味深く面白いです。

アメリカ10年目という滞在期間でウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)へは3回訪れました。

旅行してみたいけど良く分からないというような不安な方がいれば気兼ねなくお問い合わせください!

完全無料で僕の知識をお教えしますね!

コメント