【バケーションビレッジ?】ディズニーワールドで利用すべき宿泊先

【バケーションビレッジ?】ディズニーワールドで利用すべき宿泊先アメリカ生活
  • ディズニーワールド周辺の「リゾートコンドミニアム」って何?
  • どこがそんなにいい?値段はいくら位なの?
  • 実際利用してどうだった?

ウォルトディズニーワールドへ旅行を考えている方は「リゾートコンドミニアム」を選んでみてはいかがでしょうか?

通常のホテルとは違って完全にアパートのような作りになっています。

アパートなのでベッドはもちろんのこと、キッチンや洗濯機、大きめの冷蔵庫などが完備されていて、自宅のような感覚で生活ができるのが特徴です。

今回は2018年から2019年の年末年始に宿泊した「リゾートコンドミニアム」の体験記をお届けしたいと思います。

本記事の内容
利用したリゾートコンドミニアムのご紹介
公式ホテルなどと比べてメリット・デメリットをご紹介
どのようなタイプの方におすすめかをご説明します

スポンサーリンク

【バケーションビレッジ?】ディズニーワールドで利用すべき宿泊先

【バケーションビレッジ?】ディズニーワールドで利用すべき宿泊先

今回我が家が利用した「リゾートコンドミニアム」は、ウォルトディズニーワールド(WDW)のパークから約10分から15分ほど離れた場所にあり、ディズニーの公式ホテルと全く大差がない距離感にある「リゾートコンドミニアム」でした。

キシミー(Kissimmee)という町にある、バケーション・ビレッジ・アット・パークウェイ(Vacation Village at Parkway)というコンドミニアムを利用しました。

「コンドミニアム」というのは、日本の「アパート」のようなものだと考えてもらえば大丈夫です。

まさに巨大なマンションと言う感じで1つの棟に何百部屋もあり、中庭には立派なプールがあるという作りになっています。

今回利用した部屋の広さは、日本の感覚でいうと広めの「1LDK」となります。

キングサイズのベッドがあるベッドルーム。

【バケーションビレッジ?】ディズニーワールドで利用すべき宿泊先

キッチンとダイニング、リビングで一部屋。

【バケーションビレッジ?】ディズニーワールドで利用すべき宿泊先

そして洗面所、洗濯機・乾燥機がついているバスルーム。

【バケーションビレッジ?】ディズニーワールドで利用すべき宿泊先
【バケーションビレッジ?】ディズニーワールドで利用すべき宿泊先

この合計3部屋で大人2人と子供2人で十分なスペースがありました。

リビングのソファーは、ソファーベッドとなっているのでベッドが合計2つある事になりますね!

【バケーションビレッジ?】ディズニーワールドで利用すべき宿泊先

基本的に朝から晩までディズニーで遊ぶ僕たちにとっては、十分な設備が揃っていました。

洗濯機・乾燥機がついているのは本当に便利!

更にディズニーの園内(パーク内)は飲み物も食べ物も持込めるので、キッチンと冷蔵庫があれば朝・昼・夜の食事も持ち込むことが可能です。

園内のレストランやフードコートは値段の割に大した食事ではないので、食事を持ち込んで節約する事もできました!

「リゾートコンドミニアム」には中庭にプールがあり、そこで一日を過ごす休日の楽しみ方をしている家族もいます。

我が家は残念ながらプールで遊ぶ時間がありませんでしたが、年始のお祝いとしてプールサイドで朝ドーナッツを配っていてドーナッツを食べながらゆっくりしました!

【バケーションビレッジ?】ディズニーワールドで利用すべき宿泊先

全体的には、何の不自由もなく家で生活するような感覚で宿泊できる事ができます!

公式ホテルなどと比べてメリット・デメリットをご紹介

公式ホテルなどと比べてメリット・デメリットをご紹介

我が家は公式ホテルに3回宿泊した事があります。

その時の経験と今回の「リゾートコンドミニアム」との比較をしてみたいと思います。

お互いにメリットとデメリットがありますのでぜひ参考にしてください。

今回は「リゾートコンドミニアム」に対するメリットとデメリットを考えてみます。

①「リゾートコンドミニアム」のメリット

・値段が割安で部屋が広い
・洗濯機・冷蔵庫・電子レンジ・キッチン完備
・食品や日用品が歩いてでも買いに行ける(車推奨)
・ファストフードも近い(歩き可能)
・ディズニーのパーク内に食事飲み物を持ち込んでコストを抑えられる
・自由度が高い(ディズニー以外も楽しめる)

②「リゾートコンドミニアム」のデメリット

・ディズニーのパーク内への移動手段が自家用車・レンタカー・Uberとなる
・無料シャトルはあるが時間が限られている
・買い物も基本的には車が必要
・公式ホテルに比べると部屋はディズニー感がない
・ディズニーだけの旅行でレンタカーを借りると割高感あり

どのようなタイプの方におすすめかをご説明します

どのようなタイプの方におすすめかをご説明します

結論から言うと「自家用車で行くならリゾートコンドミニアムで確定」です。

またレンタカーは保険が一番高いので、アメリカに住んでいて保険は自前の自動車保険でカバーできるならレンタカーも有りです。

僕も今回利用したのは、自家用車でロードトリップという条件なので交通手段という一番のデメリットを帳消しにできたと思います。

「リゾートコンドミニアム」での一番のメリットは、料理や洗濯そしてスーパーでの買い物が気軽にできる事です。

旅行に来てまで洗濯や料理はしたくない!という方にはおススメできませんが、食事代が圧倒的にセーブできるので我が家では鉄板です。

一番大きいのは「お酒代」ですね!

スーパーでワインやビールを買ってシャワーを浴びてからゆっくり飲むのは、身体にもお財布にも優しいのです。

1つだけ注意が必要なのは「ディズニーのパーク駐車場代」です。

年々駐車場代が上がっていて2019年現在では1日25ドルの費用がかかります。

1日の間は出し入れも他のパークの駐車場でも停められますが、1つのパークだけならUberの方が安くなる場合があります。

実際に4日のうち2日はUberを利用して25ドル以下でリゾートコンドまで移動しました。

ちなみに無料のシャトルバスもありますが時間が限られているので我が家は利用しませんでした。

このコスト分を食費や宿泊代で抑えれば、公式ホテルよりもゆったり余裕がある部屋や時間の使い方かできますね。

また「ディズニーワールド以外の観光もしたい」と言う方にもオススメです。

ディズニー関係の施設を利用する場合は、公式ホテルに泊まればシャトルで全て完結できます。

ですがUSJやその他ディズニー以外も回ると最大の恩恵である無料シャトルが使えないので、日数と考慮してリゾートコンドの方が有利な場合があります。

結論基本的には無料シャトルとレンタカーとUberによる移動コストが優劣を決めると言えますね。

空港→宿泊先や宿泊先→ディズニーの「移動コスト」を「食費や宿泊代」にでペイできるのであれば断然「リゾートコンドミニアム」が良いという事です。

ディズニーワールドで利用すべきバケーションビレッジ・まとめ

ディズニーワールドで利用すべきバケーションビレッジ・まとめ

・「リゾートコンドミニアム」は大きなアパートで家のような感覚
・プールなどで一日過ごす家族もいる
・大人2人子供2人が十分過ごせる(それ以上の部屋もあり)
・移動費用を解決すればメリットしか残らない
・交通費を食費や宿泊費でペイできるのであれば「リゾートコンドミニアム」が最善策

初めて「リゾートコンドミニアム」という施設を利用してみましたが、ウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)で泊まるならこの方法が我が家にとっては最善の方法でした。

おそらく日本から行く場合でも、公式ホテルを含むホテルと「リゾートコンドミニアム」を比較して交通費が多少高くてもこちらを選びます。

理由は「自由度」と「お酒」です。

この2つを優先すると考えるなら、レンタカーなどで多少交通費が高くてもいいと思ってしまいます。

ぜひ皆さんの参考になれば幸いです!

コメント