【サニベル島とディズニー!】フロリダ州のロードトリップ旅行記①

【サニベル島とディズニー!】フロリダ州のロードトリップ旅行記①アメリカ生活
  • 2泊してフロリダ州まで1200マイルの道のり
  • 目的地は「サニベル島」というリゾート
  • ご当地の食材探しとお買い物

ロードトリップでアメリカを縦断!

2018年の年末にオハイオ州からフロリダ州まで車での旅行を体験しました!

運転手は僕1人で往復約2400マイルなので3800キロの道のりを運転した事となります。

この距離がどれくらいあるのかというと驚くべき事に「稚内から沖縄」以上の距離があるのです。(稚内から沖縄は約3,500キロ)

でもアメリカなら道は広いし渋滞もほとんどないので、観光を含めても運転できてしまうのです。

今回の旅行は11泊12日という人生最長の休暇をフルに利用して、長い長い旅を実施しました。

旅程はこのようなります。

①オハイオからフロリダまでの移動(2泊)
②サニベル島でリゾートなのに自炊(2泊)
➂タンパでもリゾートなのに自炊(1泊)
④ケネディ宇宙センター観光(1泊)
➄ディズニーワールドでカウントダウン(4泊)
6フロリダからオハイオまでの移動(1泊)

この旅の醍醐味は「宿泊先でローカル食材を料理する」というものです。

今回は、ご当地の食材探しから、サニベル島へ車で入るまでの移動をご紹介したいと思います。

本記事の内容
・荷物はどんなものを準備したのかをご紹介
・オハイオ州からフロリダ州までの運転時間をご紹介
・どこで食材を調達するのかをご紹介

スポンサーリンク

【サニベル島とディズニー!】荷物はどんなものを準備したのか

【サニベル島とディズニー】荷物はどんなものを準備したのか

我が家ではキャンピングカーの旅を何度か経験しているので準備は簡単だ!なんて思っていたのですが、思ったより苦戦してしまいました。

長い旅ですが車は通常のSUVなので、そこまで量を持って行く事ができず厳選する必要がありました。

妻の希望で鍋やフライパンなどは持っていきたいという事で、これもスペースを使う理由になりました。

ホテルやコンドミニアムには、備え付けのキッチン用品が付いていますが、古かったり使いにくかったりするので、なるべく持っていきたいというのが妻のお願い.

もう一つ難しかったのは、消耗品も持ち歩かなければならないと言うことです。

現地で買ったとしても、常に車の中に持ち運ばなければならないので、家からもっていくのと変わらない車のスペースとなります。

このようなことを踏まえて家から持っていったものをリストアップします。

【自宅から持って行ったもの】
・通常の旅行の用意(服・洗面具・カメラなど)
・炊飯器
・鍋、フライパン
・調味料全般
・お米や海苔など日本食材
・洗剤、サランラップなどの消耗品

大切な事はアメリカで買えないものを忘れずに持っていく事です。

我が家では、お米が欠かせないので炊飯器とお米は必ず持参していきます。

現地で簡単に手に入らないものは日本食くらいで、現地で購入するというのも方法の1つです。

【サニベル島とディズニー!】運転時間と体力的な問題

運転時間と体力的な問題

1200マイル(2000キロ弱)の距離を1人で運転するわけですから大変な苦行ある事は間違いありません。

今回は行きで2泊3日の時間を使ってゆっくりと運転することに決めました。

1200マイルの走行時間はざっくり計算すると「1マイル= 1分」の計算式で1200分必要となります。

ということで20時間の時間が必要となります。2泊3日なので3で割ったとしても1日6時間から7時間の運転が必要となります。

初めから無理をすると長い旅行にはいいことがありませんので「無理をしない」をモットーに安全運転を目指します。

宿泊したのはケンタッキー州のレキシントンという町とフロリダ州のゲインズビルという町です。

それぞれの走行距離と時間はこのようになっています。

オハイオ州コロンバス~ケンタッキー州レキシントン  200マイル 3時間30分

ケンタッキー州レキシントン~フロリダ州ゲインズビル   700マイル 12-14時間

フロリダ州ゲインズビル~フロリダ州サニベル島  300マイル 5時間

【サニベル島とディズニー!】どんな食材をどこで調達したのか

ロードトリップで食材を買う場所は大体決まっていて、それは「自分が普段よく行く店」で購入するのが鉄則です。

1番大きな理由は「レイアウトが似ていて買い物の時間が短縮できる」からです。

この法則で我が家では「ホールフーズ」か「トレーダージョーズ」の2つを鉄板で行くようにしています。

旅の途中ではフロリダの有名なスーパー「パブリックス」でも買い物へ行きました。

最初に挙げた2つの店は、たまたま泊まる場所として決めた、ゲインズビル(Gainsville,FL)のホテルの近くにあったのでそこでまとめて食材を買いました。

もちろん探すものはその地方の特産物。

ホールフーズでは「Local」のサインがあるものはその州のローカル食材です。

それを探して自炊をするっていうのは、レストランよりも安くおいしいくて安全な食事が楽しめます。

今回はストーンクラブと呼ばれるフロリダの特産物と貝を買いました!

これを料理してワインをと考えると最高な食事になりそうです!

そんな楽しみ方をぜひおすすめします。

フロリダ州のロードトリップ旅行記①・まとめ

・ロードトリップは荷物が持ち込めるメリット
・日本食材は忘れずに!
・調味料や消耗品は現地で買っても持ち歩く羽目になる
・「1マイル= 1分」の計算で時間を計ろう
・トレジョやホールフーズでローカル食材をさがそう!

そんなこんなで2泊3日のゆっくり移動で最初の目的地「サニベル島」に到着しました。

「サニベル島」では2泊3日でゆっくりと島を楽しみます!

フロリダ旅行記第2弾もお楽しみください!

コメント