【無料!】ミルウォーキー観光に欠かせない路面電車(M-LINE)

【無料!】ミルウォーキー観光に欠かせない路面電車(M-LINE)アメリカ生活
  • ミルウォーキーに路面電車あるの?
  • え!?無料なの?
  • どこまでいけるの?

ウィスコンシン州のミルウォーキーというウィスコンシン州では最大の都市があります。

ここは、ミシガン湖からの豊富な水質などでその昔大きく栄えた都市です。

日本から見ると、野球のメジャーリーグで「ミルウォーキー・ブリューワーズ」というチームがあり、青木選手が活躍した土地でもあります。

また、ダウンタウンではきれいな街並みや趣きある建造物、レストランなどたくさんのみどころがあります。

そしてミルウォーキーのダウンタウンで観光をする時は「路面電車」を利用するのがとでも便利でした。

今回は、ミルウォーキーにある路面電車の乗り方や楽しみ方をご紹介します。

本記事の内容
・路面電車が無料で乗れる期間がある事をご説明します
・ミルウォーキー・ダウンタウンにある路面電車「M-Line」のご紹介
・どこへ行く事ができるのか?をご説明します

スポンサーリンク

ミルウォーキーの路面電車「M-line」は無料?

ミルウォーキーの路面電車「M-line」は無料?

今回ご紹介するこの路面電車「M-Line」は何と2019年現在「無料運行」しています。

旅行者にとって運賃が掛からないのはとても嬉しいですね!

ただしこの無料期間は期間限定です。

「M line」は2018年の11月に運用が開始されていて「初めの1年間」を無料期間と定めています。

という事は、2019年の11月から運賃が発生する?

その後は1ドルの運賃を徴収する事となっていますが、具体的な開始日が発表されておらず未だに無料期間が続きそうです!

1回1ドルであったとしても気軽に乗れる「路面電車」はかなりお得な移動方法です。

いつから有料になるかは現在まだ分かりませんが、無料の内に「ミルウォーキー観光」をしておきたいですね!

ミルウォーキー・ダウンタウンにある路面電車「M-Line」

ミルウォーキー・ダウンタウンにある路面電車「M-Line」

まずは「運賃無料期間」についてお伝えしましたが、ではそもそもこの路面電車の「M-Line」についてご紹介しておく必要がありますね!

この路面電車の正式名称は「The Hop (streetcar)」という名前で通称「M-Line」と呼ばれています。

2018年の11月から運用を開始しており、現在は約2マイル(3.2キロ)の区間に10の駅が設置されています。

この10駅の周辺にはミルウォーキーの観光エリアが凝縮されていて、この間を15分程度の間隔で移動しています。

往復で6キロは歩くには遠くてタクシーでは短いという距離なので気軽に乗れる「路面電車」は丁度使いやすい移動手段として確立させつつあるようです。

特に、電車やバスでここへ到着する方にとっては「アムトラック」や「グレイハウンド」が到着する駅から「M Line」が走っているので大変便利です。

乗ってみた感想は、車両ももちろん新しく土日で混み合うと言っても満員電車という感覚にもなっていないのでとても快適です。

乗車する時間も長くて20分程度でクオリティは非常に高いです。

路面電車「M-Line」どこへ行く事ができるのか?

路面電車「M-Line」どこへ行く事ができるのか?

路面電車の「M-Line」に乗るとどこへ行けるのか?という事をご紹介しておきたいと思います。

「M-Line」には10個の駅があります。

この中でおススメの観光スポットと停車駅をご紹介しておきます!

レストラン街やマーケット、美術館など1日から2日遊びつくすには十分のボリュームがありますのでぜひ観光へ行ってみて下さい!

①リバーサイドウォーク

リバーサイドウォーク

「Historic Third Ward」という停車駅から歩いて5分程で「ミルウォーキー川」があります。

ここが遊歩道となっていて川に面した整備されたきれいな道を歩く事ができます。

リバーサイドウォーク

天気の良い暖かい日は最高のウォーキングエリアとなります。

②ミルウォーキー美術館

ミルウォーキー美術館

「Wisconsin Avenue」の駅から東のミシガン湖方面へ歩いて15分程の距離にあります。

建物自体がとても美しいフォルムで世界的な建築家サンディアゴ・カラトヴァが建築した美術館です。

ミルウォーキー美術館

モネやロダン、アンディウォーホールなど、アートの好きな方は必見の大きな美術館です。

③パブリックマーケット

パブリックマーケット

「Historic Third Ward」という停車駅の目の前が「パブリックマーケット」となっています。

パブリックマーケット

地元の食品や地元の店が料理を作り、食べ歩きや2階で食事をしたりする事ができます。

パブリックマーケット

土日には、イベントを主催して歩道でも盛り上がりを見せています!

④ベテランズパーク

ベテランズパーク

「Burns Commons」という終点の駅から15分ほどミシガン湖の方へ歩くと大きな公園が見えてきます。

ベテランズパーク

ここはミシガン湖を眺望できる公園で、雰囲気もよくゆっくりとリラックスする事ができます。

ベテランズパーク

時間があれば足を運んでみるとリフレッシュができます!

⑤カテドラル・スクエア・パーク

カテドラル・スクエア・パーク

「Cathedral Square」の駅を降りると、都会の中に公園があります。

そしてその前には教会のセント・ジョン大聖堂があり、見事な建築物を見ながら講演を歩く事ができます。

週末はイベントを行う事もあって、地元に人にも愛されている公園です。

ミルウォーキー観光に欠かせない路面電車(The Hop)・まとめ

ミルウォーキー観光に欠かせない路面電車(The Hop)・まとめ

・「The Hop (streetcar)」という名前で通称「M-Line」は新しい路面電車
・2019年は運賃が無料となっている
・車が無くてもミルウォーキーの観光ができる便利な電車
・1~2日の旅行では十分に使える便利な路面電車
・電車での旅だとお酒も飲み放題!(運転要らず)

ミルウォーキーの観光ではぜひ利用したい路面電車「The Hop (streetcar)」通称「M-Line」。

来年には新しい路線ができる計画もあるようなので、ミルウォーキーの観光という目的で訪れる方はぜひ利用してみて下さい。

楽しい旅になる事間違いなしです!

コメント