【憂鬱じゃない!】月曜日気分を上げてやる気を出す方法3つ

【憂鬱じゃない!】月曜日気分を上げてやる気を出す方法3つ海外勤務したい
  • 週明けはどうしても気分が乗らない・・・
  • リフレッシュは週末に出来たつもりなんだけど
  • 月曜日の朝からやる気を出すにはどうしたらいいの?

楽しい週末を終えた月曜日の朝は、なかなか前向きになれない事がよくありますよね。

金曜日の夜から日曜日の夜までは気分が高まって、羽目を外してしまう事も少なくありません。

楽しい週末を経験すればリフレッシュは出来たものの、その反動も大きくなって月曜日が辛くなったりします。

その反対に週末に何もしないでダラダラ過ごしてしまうと、それはそれで大したリフレッシュもできずに週末が終わってしまいます。

これも月曜日に気分が上がらない要因になります。

僕はある考え方と取組みがきっかけで、月曜日という仕事が始まるタイミングを「楽しい」とは言わないまでも「やるぞ!」という気持ちで始める事ができるようになりました。

今回は「月曜日気分を上げてやる気を出す方法3つ」をご紹介したいと思います。

本記事の内容
・週末、週明けのマインドについて考えます
・月曜日を前向きに過ごせる方法が分かります
・週末できるリフレッシュの方法をご紹介します

スポンサーリンク

【憂鬱じゃない!】週末・週明けのマインドについて

まず初めに「週末」と「週明け」のマインドについて考えてみたいと思います。

一般的に考えて「週末」と「週明け」というのは、大体のサラリーマンが月曜日~金曜日に働いて土曜日、日曜日に休むというところから「週末」と「週明け」のマインドが生まれます。

平日がお休みの方であったり子育てをしている主婦の皆さんにとっていわゆる金~日曜日の週末は「いつもと違う忙しい日」と感じるでしょう。

何が伝えたいのかというと「休み」や「環境」の違いによって週末のマインドは大きく違うという事です。

これが、今回の「月曜日を前向きに過ごす方法」のキーとなる考え方となります。

「感情」や「思い込み」というような部分を少しだけ理解すれば「嫌だ」という気持ちは少し遠くて行ってくれるのです。

週末が楽しければ楽しいほど翌日の週明けが嫌なのではなくて、基本的に「思い込み」「準備不足」や「気持ちの入れ替え」によって嫌になってしまう傾向の方が大きいです。

これを前提に「月曜日を前向きに過ごす3つ」を考えていきます。

【憂鬱じゃない!】月曜日気分を上げてやる気を出す方法3つ

月曜日がなぜ特殊なのかというと、昨日やった事の続きではなくて2日間のブランクが生まれるからです。

大型連休ともなると、連休明けの初日は明らかに体がなまっていますよね。

それが毎週毎週短いながら起きているという事です。

「嫌だな」と感じるのは他でもないその「想像していない事」が起こってしまうからです。

金曜日に仕事をしている最中には「こうなるかもしれない」という予期がある程度できています。

ですがそれが月曜になると忘れてしまっていて「頭で危険に備えておく事」ができなくなります。

これが最大の原因で、それ以外はこれを理解して行動すればすぐに解決します。

それでは一つずつ紹介しておきます。

①準備と管理を金曜日にして月曜日の朝を迎える

営業日ベースで物事を考えておくととてもスムーズになります。

金曜日の翌営業日は月曜日なので、連続しているものという認識をまず持ちましょう。

その上で、明日(月曜日)やる事と備える事を必ず金曜日の午後の時点で考えて言葉にして残しておく事が解決の第一歩です。

そして、月曜日の朝(本当は日曜日の夜が望ましい)のタイミングでもう一度それを読み返しておくと月曜日が驚くほど嫌ではなくなります。

それは、自分が既に準備ができていて平日の連続した営業日と変わりがなくなるからです。

土曜日と日曜日を楽しく過ごす為に「金曜日の午後」と「月曜日の朝」はそれにじっくりと時間を費やしましょう。

ひと言でいえば「管理」や「段取り」をしておくことが、一番前向きに過ごす肝なのです!

②思い込みを無くす

大前提として2日間仕事を忘れて休んでいれば「忘れてしまう」のは当たり前です。

だから、その為に準備を何もしないで問題が起こらない月曜日を作る事が難しいのです。

もし上手くいったならそれはただ単に「運がよかった」だけです。

そう考えれば「2日間完全に仕事を忘れて遊んで月曜日を迎える」という事が無謀な事だと感じませんか?

何となく乗り越えた月曜日があったのは成功体験ではなく「成功した」という思い込みでなのです。

こうやって考えておけば、金曜日の午後と月曜日の朝こそ一番力を入れて取り組まなければならないのです。

人と違う流れを作れば大きく自分に余裕が生まれます。

③気持ちの入れ替え

週末の楽しかった思い出を引きずったまま日曜日の夜や月曜日の朝を迎えるとその反動があります。

マインドを変えるしか方法はありませんがこれも考え方を変えるべきです。

「もう終わってしまった」というマインドではなく「新しい週明けの為にリフレッシュ」と考えましょう。

その為にも日曜日の夜はスイッチを切り替えるタイミング。

金曜日の午後に整理したものを月曜日に備えて再確認するのは日曜日の夜が一番タイミング的にはいいのです!

【憂鬱じゃない!】週末できるリフレッシュの方法

リフレッシュには2つのタイプがあります。

1つはリラックスしてリフレッシュするタイプ。

もう1つは、いつもと違う事をしてリフレッシュする方法です。

自分に合ったリフレッシュ方法で土日を過ごす事が大切です。

リラックスしたい人も外でアクティブに過ごさなければいけない場面があるでしょう。

そういう時はリフレッシュができなくなるわけなので、週末の中でそういう時間を少しでも見つける事が大切ですね。

週末2日間を自分の為だけに使えるわけではないでしょうから、2日間の中で分割して自分に合ったリフレッシュ方法を確立できると最高です。

月曜日気分を上げてやる気を出す方法3つ・まとめ

・営業日ベースで金曜日から月曜日は1日
・金曜の午後まとめて月曜日の朝復習して繋げる
・管理と段取りが重要
・思い込みと気持ちの入れ替えも重要
・リフレッシュはリラックスかアクティブのタイプを知ろう

最後に、この中で最も大事な事は「金曜日の午後のまとめ」です。

これをする事で日曜日の夕方もしくは月曜日の朝に復習する機会ができます。

ですから、まずは「金曜日の午後のまとめ」からするようにしてみて下さい。

コメント