【老害解消!】大人は若者の価値観と考え方を学ぶ姿勢が必須

【老害解消!】大人は若者の価値観と考え方を学ぶ姿勢が必須アメリカ生活
  • 若者から学ぶどころかうまく話せない
  • 何を話せばいいかよくわからない
  • なんか羨ましくなってしまう

「最近の若者は」とか「自分たちの時はこうやっていた」などと言葉には表さなくても心の中で思ってしまう事が30代から50代の方にはあるのではないでしょうか?

このど真ん中にいるアラフォーの僕も、ときにはこのように感じてしまうことがあります。

でもこの感情は実はとても重要なものなのです。

そして考え方1つで自分にとって良い方向へも悪い方向へもとらえることができてしまいます。

当然ですが、せっかくならこれを良い方向へ考えて相手の若者にとっても自分にとっても有益になるようにするべきです。

今回は、「最近の若いもの」から学べる姿勢をどうすれば作れるのかということを考えていきたいと思います。

本記事の内容
・どのような態度で接したらよいたら良いのか
・若者からでも学べるような聞き方や話し方
・若くてうらやましいと思ってしまったらどうするのか

スポンサーリンク

【老害解消!】大人は若者の価値観と考え方を学ぶ姿勢が必須

【老害解消!】大人は若者の価値観と考え方を学ぶ姿勢が必須

人間は着実に歳をとっていくものです。

歳を重ねるにつれて経験は豊富になっていきますがその分心のどこかで歯止めをかけてしまうことが多くなってきたと自分の中で感じることがあります。

10代とか20代の時に自分がこんな感情になったかと思い返してみると、もう少し思い切りが良かったのではないかと思います。

結婚や子育てなど環境の変化もありますが、やはりそれだけではなく年齢の変化というのも間違いなくあります。

だからこそ自分が通ってきた過去の若い時代の事を思い出したり、現在のトレンドや物事の考え方を知らなければならないと考えられます。

生まれたときの技術や生活環境は大きく違っているのです。

若者から全く違う性格や考え方が生まれてくるのは当たり前なのです。

これを30~50代の皆さんは自覚しなければならないし、絶対に「学ばなければならない」です。

これを学ばなければ、めでたく「老害」の仲間入りです。

「老害」と思われるのが嫌なのではなくて、そこで成長が止まってしまう事が一番恐ろしい事です。

ですから、現在のトレンドや環境を「教えてもらう」には、若者と色々な意見交換をする事が必須とも言えます。

そんな彼らから学ぶ為にはどのような姿勢で話せばよいのでしょうか。

①年齢の垣根をなくす

年齢が邪魔をして中々自分がフレンドリーに話す事ができず先輩風を吹かせたり、高飛車な態度に出る人をよく見る事があります。

姿勢に現れる部分だと思いますが、それは全く持って合理的な話はできません。

一方的に自分の経験だけ話したり相手が足らない事を指摘するのはダメな例です。

物事には自分の方が詳しい部分もあれば相手の方が詳しいことだってあります。

最近ではSNSなどでも自分よりも優秀な若者がいる事が明白で、そういうところから学ぶ姿勢は必ず態度に現れます。

自分が腑に落ちて納得する事が大切です。

②お互いを尊重し合うからこそ建設的

お互いを尊重、尊敬して話し合う事が非常に大切です。

少なくとも自分からは尊重するようにしたいですね。

僕の子供が通う幼稚園は「レッジョエミリア思想」という思想で運営しています。

これは、先生や生徒そして親も1人の個がある人間で皆平等に対応するという考えを持っています。

これが自分にはとても「しっくり」きたのです。

たとえ子供であっても得られるものがあるという考え方は、自分の子供からもたくさん学べるものがあって、素晴らしい考え方です。

若者に置き換えてみても同じことが言えますよね!

【老害解消!】若者からでも学べるような聞き方や話し方

【老害解消!】若者からでも学べるような聞き方や話し方

話をする機会を得たとして実際にどのように聞いたり話したりすればよいのでしょうか。

まずは話す事。

これはたくさんあるのではないでしょうか?

経験値は自分の方が高いはずなのですから自分の経験を伝えれば良いと思います。

同じ分野ではない可能性が高いので、経験値が無かったとしても等身大の自分の経験を伝えると良いでしょう。

飾らないで自分を伝える事が大切です。

聞く事についての方が大切です。

若者だけでなくどのような相手でも話を聞くという事が会話ではとても大事なのです。

「聞き上手」だと実は会話も弾みますし、何よりも相手が安心してくれます。

しかも、若者の今のトレンドなどは話してもらわなければ分かりませんので、たくさん話してもらえると良いですね。

とにかく若者の話を聞くという事を念頭に置いておきましょう。

【老害解消!】羨ましいと思ってしまう場合はどうすればよいのか

【老害解消!】羨ましいと思ってしまう場合はどうすればよいのか

時々ですが僕にも「若くて羨ましいな」なんて思ってしまう事があります。

自分もその年代を通ってきたのですから羨ましいなんて思ってはダメなんですけどね。

自分が持っていない「若さ」に羨ましくなってしまうものです。

ただ、冷静に考えると羨ましく思っても何の意味も成しません。

妬ましく思うのではなく、その若さを分けてもらうくらいの気持ちですがすがしく接しましょう。

【老害解消!】大人は若者の価値観と考え方を学ぶ姿勢が必須・まとめ

【老害解消!】大人は若者の価値観と考え方を学ぶ姿勢が必須・まとめ

・「老害」にならない為にも若者のトレンドを知らなければならない
・若者から吸収する姿勢は年齢の垣根をなくすこと
・個を尊重する気持ちで接したい
・聞く事は若者だけでなく誰にでも大切な事
・若さを羨ましくなるのではなく分けてもらうくらいの気概で

若者から学ぶ事は30~50代で必ず必要な事です。

それを自分自身でしっかりと「理解」する事が一番大切です。

「しっくり」とこなければ意味がありませんので、腑に落ちて若者から学べるとよいですね!

コメント