【難しい?】無理しないのに成長できる仕事のコツをおさえる方法

【難しい?】無理しないのに成長できる仕事のコツをおさえる方法海外勤務したい
  • 仕事をこなすのに時間がかかってしまう
  • 自分のキャパが小さい
  • 生産性が上がらない

自分は何をやるにも時間がかかってしまい、効率が悪く遅れを取ってしまう。

気分の浮き沈みで、仕事の波やムラが出てしまう。

やらなければいけない事があるのに、ついつい他の事に目がいってしまう。

少なくとも1つは「あるよねー」と思ってしまうのではないでしょうか。

僕も今まで平凡なサラリーマン人生を経験してきたので、1つどころか全て当てはまる生産性が低い人間でした。

今でも何十年も染み付いた「クセ」がなかなか抜けないのですが、それでもかなり改善出来てきている現在です。

これからお話しする内容を理解して「呪文」のように頭に残し続ける事で、同じ事を繰り返した時に「やってしまった」と気付き、反省してまた直すという繰り返しができるようになります。

今回は、無理・無駄・ムラを排除する事で生産性を向上させるというシンプルな方法をご紹介します。

本記事の内容
・無理しないのに生産性が上がる理由をご説明します
・徹底的に無駄を排除する優位性を説明します
・一定のパフォーマンスや作業ができる環境の大切さが分かります

スポンサーリンク

【難しい?】無理しないのに成長できる仕事のコツをおさえる方法

【難しい?】無理しないのに成長できる仕事のコツをおさえる方法

今の時代、時間をとことん使って95%から100%に仕上げる事よりも、70-80%のクオリティでも短い時間でたくさん生産する事が好まれるようになってきました。

これには理由があって「技術の進歩」や「情報の共有化」で、70-80%までは知識が備わってなくても調べながら誰でもできるようになってきたからです。

こうなってくると、誰でもできるので差別化を図るには「早く」「正確」などの付加価値が必要となります。

仕事内容によっては一概に言い切れないのが前提ですが「今の時代のトレンド」としては理解しておきましょう。

さて、前置きが長くなりましたがこれが全ての答えでもあります。

無理せずにサクサクと仕事をこなしていくためには「完璧を求めない」が重要なのです。

80%から100%に仕上げるにはそれまでの何倍もの労力が必要になります。

そこは1人でこなすのではなく、少なくとも人の意見を聞いて複数で解決するべき問題です。

ここまで1人でやろうとすると確実に「無理」が生じてきます。

自分では抱え切れない量の仕事量がある場合も、まんべんなく100%と言う考え方は不可能なので、そうしたければ仕事量を減らす相談をしなければなりませんし、「そんなことができない!」という環境なのであれば50%でもいいので一通り終わらしていくしか方法はありません。

どのような環境であったとしても「完璧」を求めずにまずは一通り完成させて、時間があればその後見直して精度を上げていくと言う方法をとるようにしてください。

【難しい?】無理しないのに成長できる・徹底的に無駄を省く

【難しい?】無理しないのに成長できる・徹底的に無駄を省く

究極の無駄の省き方は「無意識に作業すること」です。

要するにロボットのように動く事です。

とはいっても人間なのでいろいろなアイディアや思い、それと同じように雑念なども頭に入ってきて、ロボットのように動くことができません。

ですが、そのような環境を作る事はできます。

例えば毎日同じ時間に同じ作業をするとか、1日に進める量を一定に固定するなどと言う取り組みです。

ロボットではなく人間的に言うと「習慣化」という表現が1番適切ですね。

「朝起きて着替えて歯を磨く」というのも習慣化されているから無意識にできてしまうのです。

無駄を省くというのは余計な事を考えないという事です。

作業的な仕事であればあまり深い意識を持たずに、ルーティンとして作業することを心がけましょう。

その先の余裕から生まれる時間で、創造性のある仕事ができれば最高の時間の使い方になるのではないでしょうか。

無理しないのに成長できる・ パフォーマンスを維持することの重要性

無理しないのに成長できる・ パフォーマンスを維持することの重要性

最後はムラを無くすことです。

結果的に生産性を上げるには安定的な生産を予測可能な状態にする事です。

突発的に無理に生産量を上げても必ず息切れしてしまいます。

長く続く事は無いという事です。

長く続けられない事を、細切れでつないでいくという考え方もありますし否定はしませんが、想像以上に続ける信念が必要です。

波があるという事はそれだけ苦労する道が待っているのです。

個人としてする事はムラがある波を作るのではなく、一定の生産や成長を作っていく事が一番根底で必要となります。

一定のパフォーマンスを維持できる程度で抑えておいた上で、不測の事態の時に突発的なパフォーマンスを見せる事は問題ないと思います。

それが自分のキャパを大きくする事にもつながるので、スポット的に苦労する事は悪くはありません。

自分がこれを通常運転ではないと認識した上で挑戦する事を忘れないようにしておきましょう。

無理しないのに成長できる仕事のコツをおさえる方法・まとめ

無理しないのに成長できる仕事のコツをおさえる方法・まとめ

・時代は70-80%のクオリティで量産する事を求めている
・100%に近づけるのはチーム・会社として考えるべき
・無理しないクオリティで生産して複数人で完成させる
・「作業」は無意識でもできるルーティーン化に変える
・パフォーマンスはムラが無く一定の方が結果的に効率が上がる

皆さん毎日一生懸命仕事や勉強で生産的な活動をされていると思います。

その中でどのように効率を上げるのかという疑問を持つことはとても大切な事です、

その疑問や悩みと向かい合った時には「無理・無駄・ムラ」について無くしてくことを考えるようにしていきましょう。

自分自身のよい答えが見つかるはずです!

コメント