【成功体験!】英語が嫌い?好きになるにはどうしたらいいの?

【成功体験!】英語が嫌い?好きになるにはどうしたらいいの?海外勤務したい
  • 英語に嫌悪感がある・・・
  • 英語聞いたってよく意味が分からないんだけど
  • どうしたらうまく使えるようになるの?

皆さんは英語が好きですか?嫌いですか?

僕は実はかなり英語が嫌いな人間でした。

文法なんて本当に良く分からないですし、言葉を聞いたってほとんど入ってきませんでした。

今でも頭がうまく回らない時や体調が悪い時などは、聞いていても頭に入ってこない事があります。

中学・高校でも英語はいつも半分よりも下の成績で本当に苦手で、苦手だからこそ嫌いな教科でした。

簡単だという人達に対して全く理解ができませんでした。

そんな自分は今アメリカという国で英語を使って仕事をしています。

気づけば10年目に入ったアメリカでの生活でも、正直言えば英語が得意だとは言えません。

でも英語が嫌いではなくなりました。

その秘密はどこにあるのでしょうか。

アメリカに来たから好きになったのではありません。

もちろん勉強はしましたが、出来るから好きになったわけでもありません。

今回は、英語が苦手で大嫌いだった僕がどのように英語を好きになって、海外でも通用するのかという部分を経験談としてお伝えしたいと思います。

本記事の内容
・英語が「嫌いではなくなった瞬間」をお教えします
・「好きになった瞬間」をお教えします
・英語が嫌いな皆さんにお伝えしたい「誰でもできる」という事

スポンサーリンク

英語が「嫌いではなくなった瞬間」

英語が「嫌いではなくなった瞬間」

まず自分が英語を嫌いではなくなった時の事をお話ししたいと思います。

何度も言いますが学生の時代は英語が大嫌いでした。

言葉を吸収する力が無かったのかもしれませんね。

会社に入ってからも英語を使う事は皆無で、海外で働いたり英語を使いたいなんて全く思っていません。

一生日本の中で健やかに暮らしたいと思っていました。

転機があったのは仕事でお客さんが外国人の方だった時です。

もちろん自分は全く話せないですが、お客さんも日本語が全く話せません。

お互いに何とか分かる英語を駆使して、それでもダメなので紙に書いたりして何とか意思をすり合わせていく状態でした。

こんな事が数日経った後に、何とかその仕事がまとまってお互いが満足いく結果となったのです。

この時、生れて初めて「英語」を使いました。

そして、カタコトで絵も描いたけど伝わった瞬間でもありました。

言葉って伝わると楽しいのかもな。

そう思った瞬間に話す事とというよりも分かりあえる事ができるツールと考えれば使えるな。

だから嫌いにならなくてもいいんだという事を知りました。

英語を「好きになった瞬間」

英語を「好きになった瞬間」

嫌いではなくなったけども、勉強をたくさんしてまで英語が使いたいとは思っていませんでした。

でも海外の現地法人を持っている会社だったので、海外で働ける可能性があるならその足切りラインよりはTOEICの点数を稼いでおこうと思いました。

ここで、自分の嫌いな「お勉強」が始まったわけです。

相変わらず「文法」はわけが分かりません。

ですが最低でも600点を取らなければ、海外で働く土俵にも上がれません。

そこで僕が考えた方法は「リスニング」です。

「生の英語」に興味を持った僕は、文法よりも書くことよりも「しゃべること」が重要でした。

ですから足切りラインをクリアするためにTOEICの点数を上げる事と、ついでに「しゃべること」も学んでしまおうと考えたわけです。

結果的に文法勉強したのはほんの少し。

しかも勉強といってもTOEICに特化した技術的な勉強です。

点を取るためだけの勉強なので、半分取れれば問題ないと言う気持ちです。

反面リスニングは8割は取るぞと言うつもりで臨みました。

詳しい勉強法は違う機会に書くこととします。

この結果何とか足切りラインの600点はクリアして、しかもリスニングが上達していることに嬉しく思った事を覚えています。

この段階で僕は英語が好きになっていたかもしれません。

好きと言うには語弊があるかもしれませんが、この小さな成功体験は自信と楽しみになった事はいうまでもありません。

英語が嫌いなあなたに伝えたいこと

英語が嫌いなあなたに伝えたいこと

英語が嫌いなあなたへ伝えたい事は1つだけです。

「英語は良い点数を取るためのものではない」

この一言です。

お互いの意思疎通を図るためのものなので、文法なんてわからなくても大丈夫です。

それよりも「しゃべること」が大切で、英語ができるようになるためにしゃべるのではなく、お互いが分かり合えるようにしゃべることを覚えるのです。

この目的と環境があれば必ず「嫌いではなくなる」はずです。

合わせて「しゃべる」の効果はリスニングにとって大きな財産となります。

言われてもヒントこないかもしれませんが、しゃべるための英語を意識して好きになりたいと思う人は頑張ってみてください。

英語が嫌い?好きになるにはどうしたらいいの?・まとめ

・英語が苦手な人でも海外で働くことができる
・英語はお互いが理解するためのもの
・英語が片言でも通じれば嫌いではなくなる
・小さな成功体験は英語を好きにさせる
・とにかくしゃべることしゃべれば聞けるようになる

英語が苦手で文法も全くぴんとこなかった僕が、アメリカで働ける位の英語力が身に付いたのは、とにかくしゃべることが重要だと気づいたからです。

TOEICの点数は足切りラインクリアの600点から今では800点近くまで上げることができました。

ただ喋る英語はTOEICの点数と全く関係がないので、これ以上の点数点数が必要なのかどうかというのは疑問があります。

ぜひ皆さんもしゃべることに特化してまずは「英語が嫌いではない」と言うような状態を目指しましょう。

コメント