怠け癖を治すモチベーションとやる気をどのように作るのか?

怠け癖を治すモチベーションとやる気をどのように作るのか?海外勤務したい
  • やろうと思っても他のことをやってしまう
  • 途中でめんどくさくなってしまう
  • すぐに眠気が来てやる気が出なくなってしまう

1年の始まりに目標を立ててそれを続けようとしてもなかなか続けられない。

例えば勉強をやろうと思って机に向かっても、すぐに外ことが気になったり眠気が襲ってきたりしてしまう。

そして当初予定していた目的が達成できなくて最終的には継続することをやめてしまう。

これは読んでいただいているあなたではなく、僕自身の経験談です。

昔に比べればこのような経験もだいぶ少なくなってきたように思いますが、今でも始めたことの3つに1つは同じような事が起こります。

自分でやると決めたのに、いざとなると「面倒だなぁ」とか「やりたくないなぁ」と思ってやめてしまうのです。

もうどうしていいのか分からなくなりますよね。

100%治すのは困難ですが、少しでも改善したいと思いませんか?

今回は、僕が改善した経験から「怠け癖」がある自分を変える方法をお伝えします。

本記事の内容
・怠けるのは当たり前なので少しでも進める事が最善
・時間を区切って前に進める事が良い理由
・あと少しならその場でやりきってしまうのが最後の根性

スポンサーリンク

怠けるのは当たり前なので少しでも進める事が最善

怠けるのは当たり前なので少しでも進める事が最善

怠けてしまうのはおそらく治るものではありません。

人間は楽をしたくなるものなので、少しでも楽をしようと努力するのです。

そしてやりたくない事は「フタ」をして、見て見ないふりをしていしまいます。

でも、そうやって怠けてしまっていては成長ができない事もまた事実です。

その狭間の葛藤の中で「成長するぞ!」という強い想いがあれば続けられます。

でも、それもメンタルやモチベーションである程度続くものの、どこかで途切れてしまうものです。

ですから、ここでお教えしておきたいのは「習慣化」と「ちょっとやる」という事です。

この2つがうまく融合すれば、きっと「続ける」事ができます。

人間は「怠けるものだ」という事を肝に銘じて「オートマチック」に進められる方法を作る事が大切です。

「やりたくない」とか「面倒」という気持ちが襲ってきたら「5分」でいいからやってみようと思ってください。

これが突破口になる事は言うまでもありません。

本当にやる気が無かったら「5分」で終わったしまっても構いません。

それでもあなたは「継続」が出来て「明日のやる気」につながります。

でも「おっ?もうちょっとやってみようかな?」と思ったら10分、15分と時間を計らずに進めてみて下さい。

気づいたら30分、1時間経過していればしめたものです。

それを何回も続ければ、あなたはもう「怠けた」なんて言わせません(笑)

時間を区切って前に進める事が良い理由

時間を区切って前に進める事が良い理由

作らなければ時間はありません。

ですから、やれる時間は5分だけでも進めるという考え方を持つと良いでしょう。

例えば、このブログもそうです。

最近この慣れてきたペースでも2時間~3時間の時間を要します。

でも、3時間もまとまった時間を作る事ができないので、15分という時間を何回も重ねて作るようにしています。

たった15分でも、積もると2時間くらいの作業は出来てしまうものです。

「すき間」の時間を使うことがとても重要で、これも進んでいるというモチベーションが最後までやりきる力となります。

一気にどっと解決するのではなく、細切れに進めていく事が大切なのです。

あと少しならその場でやりきってしまうのが最後の根性

あと少しならその場でやりきってしまうのが最後の根性

30分以内で終わるくらいの見通しが立つのであれば、これはチャンスだと思ってください!

それくらいのタイムラインであれば、そこだけ気合いでやってしまいましょう!

そうすれば、今日のノルマは終わってその日はそれから自由時間です。

そのような考え方をすれば、モチベーションも上がります。

結局のところ、どうやって「モチベーション」を作るのかというのが成功のイメージですので、常にどうやって「やる気」を作るのか’という事に注力すると良いでしょう。

「怠ける」力に対抗するのは「やる気」です!

怠け癖を治すモチベーションとやる気をどのように作るのか?・まとめ

怠け癖を治すモチベーションとやる気をどのように作るのか?・まとめ

・「習慣化」と「ちょっとやる」という事が大切
・「面倒」という気持ちが襲ってきたら「5分」でいいからやってみよう
・「すき間」の時間を使うことがとても重要
・30分以内で終わるくらいの見通しが立つのであればチャンス
・どうやって「モチベーション」を作るのかというのが成功のイメージ

1日に何回も「面倒だな」と思う事があるでしょうが、それでもこなせる力があなたにはあります。

誰にでも実はできる事なので、後はどうやって上手に「自動化するか」なのです。

ぜひともその気持ちで頑張ってみて下さい。

コメント