【市場価値アップ術!】会社の中ではなく社会で自分の価値を上げよう

【市場価値アップ術!】会社の中ではなく社会で自分の価値を上げよう海外勤務したい
  • 出世するにはどうしたらいい?
  • どうすれば自分の価値って上げられるの?
  • 会社に頼って生きていくのは嫌!

あなたは会社員(サラリーマン)ですか?それとも経営者や個人事業主ですか?

「仕事」というのは色々な形で存在するもので、会社の中だけで成立するものではありません。

その仕事をする上で、会社員(サラリーマン)の方で特に入社して間もない皆さんは特に知っておいて欲しい「価値の上げ方」があります。

会社の中だけの特殊な仕事やスキルで自分の価値を高めるのと、どこへ行っても利用できるスキルで自分の価値高めるならどちらを選びますか?

僕なら間違いなく後者を選択します。

だからと言って会社の仕事で手を抜くという事ではないので、そこは間違えないようにしたいです。

後者は「資格・免許」というようなものだけではないのです。

いつもの仕事の中でも、世の中から見た自分の価値を上げる事が可能なのです。

会社でも価値を認められて社会に出ても価値を認められるなら、こんな効率の良い事はありませんよね!

今回は、普段の仕事の中からも社会の市場価値を上げられる方法をご紹介します。

本記事の内容
・普段の仕事で社会でも会社でも価値を上げるという意味をご説明します
・具体的にどうすれば良いのかをご説明します
・普段の仕事以外からも相乗効果を上げる方法

スポンサーリンク

「普段の仕事」で社会でも会社でも価値を上げるという意味

「普段の仕事」で社会でも会社でも価値を上げるという意味

普段与えられた仕事とノルマを無意識にこなしていくような日々が続いているのではないでしょうか。

それって実はとても勿体ない事です。

少し哲学的なお話になりますが「無意識に時を過ごす」のも「意識して時を過ごす」のも同じ時間です。

せっかく神様から与えてもらった人生なので、無意識に時を過ごす事だけは賛成しません。

とはいっても、この事に僕が気づいたのはまだ最近。

人生も半分を過ぎているかもしれないのに遅すぎですよね(汗)

でもまだ気付いてこれからの時間を大切に過ごせるだけでもラッキーだと考えています。

実はこのような一見「楽観的」な考え方こそ「社会でも会社でも価値を上げる方法」の重要な要素となります。

この考え方自体が「市場価値」を上げるわけではありません。

ですが、この考え方があれば通常の仕事をしながら「市場価値」を上げるという「準備」ができるのです。

市場価値アップって具体的にどうすれば良いの?

市場価値アップって具体的にどうすれば良いの?

簡単な例を挙げてみましょう。

例えばあなたが「車ディーラーのセールスマン」だったとしましょう。

無意識に過ごせば、販売ノルマだけを目指して「お客さん」へセールスをして、購入してもらえばOKという考えになります。

でも意識的にセールスをするには、「お客さん」を「分析する」「心理を読み解く」「車の知識を相手に伝える」というような「スキル」が必要になります。

何も全てを意識する必要はありません。

でもこの中の1つだけでも意識して、勉強・考察・実践してみると何かが分かると思いませんか?

こんな意識を持って「いつもの仕事」に取り組んで欲しいと思います。

例に挙げた「営業の仕事」であれば、

・「分析する」→分析力
・「心理を読み解く」→推察力や心理学
・「車の知識を相手に伝える」→会話力・交渉力

という能力が間違いなく上がるのです。

上がらないとか「効果が無い」「自分には向いていない」と思ったら、3つの中の違うものにまた手を出せばいいのです。

これ以外にも営業の為に役に立つ能力はたくさんあります。

そしてこれらの能力は、あなたが今いる会社だけで必要とされる能力だと思いますか?

学校で学ぶ勉強ではありませんが「実践でこんな事をしてきた」「こんな結果が出た」と自信をもって言えたら、全く違う業界の人から見ても面白い人だなと感じられるはずです。

これこそが「普段の仕事の中からも社会の市場価値を上げられる方法」です。

あなたが今の会社に満足しているのであれば、その会社は悪い会社ではないはずです。

そうであれば、このように「意識して行動する」事にはあなたの価値を今の10倍上げる事ができます。

普段の仕事以外からも市場価値を上げる方法

普段の仕事以外からも市場価値を上げる方法

普段の仕事から「自分の価値」を上げる方法は分かってもらえたと思います。

ではそれ以外からも「自分の価値を上げる」方法にも言及しておきましょう。

これは、仕事の時間ではない時に「自分のやりたい事」をしながら価値を上げていきます。

やる事は何でも構いません。

でもこれにも、その意識を持って行動すれば同じ効果が得られます。

ここではじめに戻って「気づいて成長できるならラッキー」というくらいで始めると良いのです。

継続できない事が一番のリスクなので、継続できる程度の行動を見つけるとよいですね!

これも例を挙げると、ゲームが好きな方ならそのゲームを極める事よりもゲームの構成やゲームの会社についてどんな会社なのか調べるとか、株価がどんな状態無いのか見てみるなど何でも大丈夫。

違う角度からそのゲームを見てみる事が違う発見につながります。

株価が低いならなぜ低いのか?もしかしたらゲームは大人気なのに何かほかの問題を抱えているのか?

抱えていないならまだ誰も知らないだけで大きく成長する会社かもしれません。

そう考えながら見ていくと世の中が面白くなっていきますよ!

会社の中ではなく社会で自分の価値を上げよう・まとめ

会社の中ではなく社会で自分の価値を上げよう・まとめ

・「楽観的」な考え方こそ「社会でも会社でも価値を上げる方法」の重要な要素
・「営業の仕事」であれば、分析力・推察力・会話力などが一般市場価値
・「効果が無い」「自分には向いていない」と思ったら別の力を目指せばよい
・「意識して行動する」事にはあなたの価値を今の10倍上げる
・継続できない事が一番のリスクなので、継続できる程度の行動を見つける

違う角度から物事を見る事と無理をしないで市場価値を上げるというのが今回のお話でした。

会社の仕事はもちろん大事ですから結果は残したいですよね。

それと一緒に自分の社会的な価値を上げるというのはこれからの時代に必ず大切になる考え方ですので、ぜひ考えながら行動してみて下さい。

コメント