【必読!】限られた時間の中でも効率化して心の余裕を作る仕事の方法

【必読!】限られた時間の中でも効率化して心の余裕を作る仕事の方法海外勤務したい
  • 毎日毎日忙しいのに余裕なんてどこにもない!
  • 時間が無いのに余裕を作るってどういう事?
  • 余裕を持った大人ってかっこいいと思うんだけど?

あなたは毎日時間に追われてしまっていますか?

僕はここ数年間時間に追われてばかりです。

何故かというと、毎年新しい事に挑戦しているからです。

新しい事に挑戦すると慣れていないのでとても時間がかかってしまいます。

そうすると今までやってきたことも出来なくなり、ひどいときには睡眠時間がなくなってしまったりします。

それなのに余裕を持てというのはどういうこと事なのでしょうか?

「忙しくなって時間が無くなるのに余裕を持つ」というのは一見全く矛盾しているように感じますよね。

ですが人生で余裕を持つというのは本当に大切なことです。

今回は時間が無いのに余裕を持つという事の大切さをご説明します。

本記事の内容
・時間を気にしなければ余裕を作るのは簡単
・時間が無いのに余裕を持つの意味をご説明します
・限られた時間で余裕を持つにはどうするのかのアイデアをお伝えします

スポンサーリンク

時間を気にしなければ心の余裕を作るのは簡単

時間を気にしなければ心の余裕を作るのは簡単

余裕を作るのに1番手っ取り早い方法は「自分の時間を気にしない」と言うことです。

でも勘違いしないで欲しいのは、これは正しい方法ではないという事。

今回は「時間がない」の中で余裕を作らなければならないからです。

考えてみると僕は数年前まではこの方法で自分の中で「余裕」を作っていたように思います。

何もしていない時間を幸せだと思い、リラックスする事は休むことだと思っていました。

だからこそ「休み」のために働く、「何もしない時間」が欲しいから働くものだと勘違いしていました。

時間的にそもそも無制限なので慌てないで1つのことだけに集中して、それだけに取り組むことで「余裕」を持ちながら仕事をしていたように思います。

これが外から見るとどう映るのかというと「あの人はいつも仕事をしている」とか「なんでダラダラとずっと会社にいるんだろう」と見えていたことと思います。

「時間をふんだんに使うな」とは言いません。

ですが人は皆同じ時間の中で生きていて誰もが平等に与えられているものなので、差別化を図るにはやはり効率を重視しなければいけません。

時間がないのに心の余裕を持つという意味

時間がないのに心の余裕を持つという意味

それでは本題の「時間がないのに余裕を持つ」と言う意味と大切さをご説明します。

先ほど説明をした通り「時間」はすべての人に平等に与えられているものです。

ここで天才ではないほとんどの人たちは、どうにかして時間を上手に使い「差別化」を図っていかなければなりません。

それが自分の経験を増やして成長につながって行くことになるのです。

もう少しわかりやすく言うと「短い時間で同じ成果を上げる」ということが重要になるのです。

これがわかるようになると「時間を大切に使おう」とか「必要ではないことに時間を使うのはやめよう」と考えるようになります。

そして普通の人はここで終わってしまうのですが、ここからもう少し踏み込んでいくのが今回の趣旨です。

ここで「余裕を持つ」と言うエッセンスを加えなければなりません。

「短い時間で同じ成果を上げてしかもせかせかせずに余裕を持つ」と言うことです。

これができる人はなかなか見つけられません。

僕自身もこれが出来ているとは思っていません。

ですがこうすることが「ベスト」だと理解しておくことがまず大切です。

知っていることと知らない事はとても大きな差ですからね。

これが実践できている人は、同じ24時間を生きているとは思えないほど余裕を持って仕事をしながら、しかも高速で成長していくという方々です。

周りを見てもそんな人はなかなかいないので見つけたらその人を真似て生きていくと言うことも自分が成長する一方かもしれません。

こういう方々は間違いなく魅力的です。

成長していっている人でも余裕がなく「あたふた」している人はあまり魅力的に感じませんよね。

もしかすると成長していなくても時間をふんだんに使って余裕を持っている人の方が魅力的に感じる事もあります。

限られた時間で心の余裕を持つ具体的方法

限られた時間で心の余裕を持つ具体的方法

とても難しいことだ分かって頂けたでしょうか?

でもやってみたいと思ったと思います。

僕が出会った魅力的でしかも高速で成長しているという方々の特徴を見て、こんな事をやると良いのではないかというアイデアをご紹介したいと思います。

・スケジュールを自分で組むこと
・その日に突発する事の時間を作っておく
・体調管理して自分のパフォーマンスを下げない
・どんなにやる気が無くても行動する
・惰性でなく毎日反省と分析をする

僕が教えてもらった事とやっていて効果が高かったもの5つ挙げていました。

これをやれば正しいというわけではなく、自分でこういう方法を探して自分に合ったもので時間を効率的にしかも余裕を持って生きていくと言うことを心がけてください。

限られた時間の中でも効率化して心の余裕を作る仕事の方法・まとめ

限られた時間の中でも効率化して心の余裕を作る仕事の方法・まとめ

・時間を気にしなければ「余裕」は作れるがそれではダメ
・平等な時間をどう効率的に使うかが差別化であり重要
・時間を効率的に使い「余裕」も持つ事が今回の最大趣旨
・簡単にはできないが知っていて意識するだけでも大きな違いがある
・「スケジュール管理」や「辛い時の生産維持」など自分なりの効率化と余裕を探そう

こんなことが出来る訳がないと思うかもしれませんが、実際出来ている人がいる事とそんな人たちでもこのような試行錯誤して到達しているのです。

ですから皆さんもはじめの1歩だと思ってぜひ取り組んでみてください!

コメント