【簡単節約!】アメリカの空港で水ボトルと食べ物は持ち込みしよう

【簡単節約!】アメリカの空港で水ボトルと食べ物は持ち込みしようアメリカ生活
  • 空港内の食べ物は何でも高すぎる!
  • セキュリティーを通ると水を買うしかなくない?
  • 栄養が偏ってしまう食事しかないよね

アメリカで飛行機を使って旅行しようとした時に決まって困ることが「空港の水と食べ物高い事」です。

空港の中で買えばいいじゃないの?と思いがちですが、空港の飲み物や食べ物ほど高いものはありません。

経験した事がある方ならよくご存知だと思いますが、水は普通のペットボトルのサイズで3ドル程度します。

ディズニーランドなどのテーマパークや野球やバスケットボールなどの試合観戦も同じですが、これらはまだそこが楽しむ場所なので何となく理解ができます。

ですが空港というのは楽しむ場でも何でもないので、ただの通過点なのに非常に高い飲食費がかかってしまいます。

できるだけこれをリーズナブルにしたいと感じる方はたくさんいるのではないでしょうか。

今回は空港でなるべく無駄遣いをしない賢い滞在方法をご紹介します。

本記事の内容
・水はろ過できる水筒を持って一発解消する方法をご説明します
・食べ物は持込めるという事実をご紹介します
・いざという時に役立つスナックなどのお菓子の大切さをご紹介します

スポンサーリンク

水はろ過できる水筒を持って一発解消のがベスト

citation from Brita.com

意外に盲点なのが「飲み水は空港内の給水装置で飲める」という事です。

最近よく見かけるのは、飲み干した空のペットボトルや水筒を持ち込んだりしている人が多い事です。

ここ数年で、給水機がたくさん増えた事と水筒に直接給水するタイプが増えた為です。

昔は、指でボタンを押してそのまま飲む事しか出来ずに水筒やペットボトルに入れようとしても入れにくいとか、水筒の口が給水機の口についてしまったりして衛生的にもあまり良くありませんでした。

ですが最近の給水機はボトルを置けばセンサーに反応して水が出てくる仕組みとなっています。

何かのボトルを用意して入れておけば飛行機の中でも飲めますので、飛行機のワゴンサービスを待つ必要もなくなりますね!

ちなみにLCCの場合はワゴンサービスが全て有料なので、水は必ず空港で買うか給水機で入れて持っていくかした方が良いでしょう。

給水機水は基本的に水道水だと考えた方が良いのでここで大活躍するのは「水を入れるだけでろ過ができるボトル」です。

BRITA(ブリタ)という有名なメーカーのボトルが一番安心できておススメです。

citation from Brita.com

これで味も良くなって飲みやすくなりますのでぜひ一度お試しください!

食べ物は持込めるという事実

勘違いされている方が多いのですが基本的に食べ物は空港内セキュリティーを越えて持込む事が可能です。

セキュリティを通れないのはあくまで「液体」なので、スープなどは持込めませんがその他食事は持込んでも問題ありません。

例えば「おにぎり」や「サンドイッチ」などは、冷めても美味しく食べられるご飯の代表格ですね。

勘違いが多い理由には、海外へ行く際の「入国」では持込めないものが出てくるからなのだと思います。

海外便では例えば日本へ行く際に肉が持ち込み禁止だったりしますので持込む事はできません。

ですが、相手国へ到着する前に機内で食べてしまえば問題はありません。

空港で食べる朝食や昼食として持ち込む分には何も問題がないという事です。

我が家では朝食や昼食は必ず持込んで空港内や飛行機の中で食べるようにしています。

やはり「サンドイッチ」や「おにぎり」が多いですね。

空港での食事は家族で簡単なものを食べるだけでも簡単に30ドル~60ドル必要なりますので、その分節約して旅行先でお土産を買いたいものです!

【簡単節約!】いざという時に役立つスナックなどのお菓子

子供も大人も「ご飯」ではなくてスナックなどのお菓子も用意しておきましょう。

特にオススメしたいのは「ナッツ」と「チョコレート」です。

これがなぜオススメなのかというと、かさばらない割にお腹も満足できるからです。

ナッツに関して甘いコーティングがされているものではなくて、どちらかといえば塩味の方がオススメです。

甘いお菓子はワゴンサービスでもらうことができたり、購入するにしても少量サイズ売っていることが多いので入手するのにあまり苦労はしません。

さらに「お腹を満たす」が目的の場合は塩気のある食べ物の方が良いのです。

「ナッツ」と「チョコレート」と聞いてピンと来る人もいるかもしれませんが、ナッツにM&M’sのようなチョコレートが入った「トレイルミックス」と呼ばれるものが1つにまとまって、コンパクトなのでお勧めです。

その他にも子供さんが喜ぶようなお菓子は,、奥の手として持っておいた方が良いので事前に準備しておくことをおすすめします。

アメリカの空港で水ボトルと食べ物は持ち込みしよう・まとめ

・ボトルを持ち込めば空港内の給水器で水はゲットできる
・濾過機能付きのボトルが絶対おすすめ!
・食品はセキュリティ以降も持込める
・海外入国の際は肉など持込めないが食べれば問題なし
・お菓子は何かと便利でチョコが入った「ミックス&ナッツ」は特におすすめ

特に旅行で飛行機に乗る時は気分も良くて色々と買ってしまう気持ちも良く分かります!

僕は同じものを買うのであれば「水」や「食事」ではなくて、お土産で「キーホルダー」とか「マグネット」などを購入します。

これもこれで「無駄遣い」だと言えますが、形にも思い出にも残るので満足しています。

ぜひ皆さんも旅行では楽しい思い出を作ってくださいね!

コメント