【参考に!】アメリカ中西部(オハイオ他)でよく行くスーパーマーケット

【参考に!】アメリカ中西部(オハイオ他)でよく行くスーパーマーケットアメリカ生活
  • アメリカ中西部に住んで食品はどこで買ってるの?
  • それぞれどんな理由で選んでいるの?
  • おススメの商品を教えてほしい!

アメリカにはたくさんのグロッサリーストアがあります。

地域に根付いたスーパーもあれば全米展開しているスーパーまで様々。

「家から近い」「値段がリーズナブル」などたくさんの要因があるにせよ、気付いてみるとあるスーパーでは野菜を買って、あるスーパーでは肉を買うというような「型」のようなものができてきます。

人それぞれ違う「型」が出来るはずです。

ですから一概に我が家の利用方法が正しいという訳ではなく、こういう選び方もあるのだという一つの参考になればと思います。

今回は、アメリカ中西部のスーパーで我が家が買い物する店とその購入内容をご紹介します。

本記事の内容
・我が家が利用するスーパーとご紹介します
・それぞれのスーパーを利用する理由と利点をお伝えします
・利用しているスーパーで購入しているものの例をご紹介します

スポンサーリンク

我が家が利用するスーパーとその理由

2020年現在、我が家が利用している米系スーパーは全部で4つです。

その主な理由は「全体的には近いから」「安いから」若しくは「そこでしか手に入らないから」。

今回の駐在では、子供を連れての滞在となる事から「食の安全」という部分での考えが前回の駐在に比べると大きくなっているように感じます。

その4つは「クローガー(Kroger)」「ホールフーズ(Whole foods)」「トレーダージョーズ(Trader Joe’s)」「アルディ(ALDI)」です。

我が家の食材の99%はここで購入して美味しく頂いています。

それではそれぞれの特徴をご紹介しましょう。

利用するスーパーその1 クローガー(Kroger)

中西部地域では有名なグロッサリーストアで、西海岸では「Smith’s Food and Drug」や「Ralphs」、中西部でもイリノイ州では「Food 4 Less」など色々な名前の店舗があります。

我が家の一番近かったスーパーが「クローガー」なのです。

ここ5年ほどでクローガーは品質をはじめとして全体的に非常に良くなっています。

特にオーガニック商品のラインナップが特に増えた事と、肉の品質が上がってきて「ホールフーズ」とそん色がなくなってきています。

ですから、基本的な野菜と肉はほとんどここで購入している事になります。

お菓子やメーカーの商品については、大体の値段を把握しているので安いスーパーで購入しています。

クローガーで特筆する商品は「ペットボトルの水」「チキン」「ヤクルト」です。

ペットボトル水は100%クローガーのPB商品を購入しています。

以前はウォーターサーバーを購入して利用してしましたが、それよりも安いのでペットボトルに切り替えました。

またこれもクローガーのPBである「Simple Truth」というブランドがありますが、このチキンもも肉はどのスーパーよりもおいしいチキンもも肉です。

最後に日本人に欠かせない「ヤクルト」もクローガーで販売しています。

日本グロッサリーやアジアングローサリーよりも安く購入できるのでいつもここで買っています。

利用するスーパーその2 ホールフーズ(Whole foods)

言わずと知れたオーガニック商品を多く並べるお店であるホールフーズ(Whole Foods)。

ホールフーズもこの3年で大きな変革がありました。

2017年にホールフーズはあのネットの巨人であるアマゾンが買収してアマゾン傘下となったのです。

確かに値段は安くなって買いやすくなりました。

ですから庶民派のスーパーに近づいた感じがあります。

そう、逆の意味では「ノンオーガニック」が増えたり「商品の質」が落ちたというようにもとれます。

さらに「アマゾンプライム」の会員でなければ割引が少ないなどの「顧客の囲い込み」もあり、とにかく様々な事が大きく変わりました。

アマゾン買収後のホールフーズとなり、結果的には利用する量は我が家で増えた事になります。

これまでは「たまの贅沢」というイメージで、高いステーキやシーフード、チーズ、ワインなどの嗜好品を購入していました。

それが値段が下がったので通常の食卓にも出るようになったのです。

アマゾンの戦略にどっぷりとはまっている事になりますね(笑)

現在ここでは、ほとんどクローガーとの垣根がなくなっているので、野菜やお肉、シーフードをクローガーと比べて購入しています。

クローガーの品質が上がり、ホールフーズが昔に比べると安く買い求められるようになったので「いいとこ取りハイブリッド」の購入方法となっています。

利用するスーパーその3 トレーダージョーズ(Trader Joe’s)

ここも超有名店なのでよくご存じのお店ですよね。

トレーダージョーズで購入する商品は我が家では固定しています。

たまにパプリカなどの野菜を買いますが生鮮品はあまり購入していません。

特に敬遠しているわけではありませんが、ホールフーズとクローガーで事足りるからです。

ここで購入しているのは「冷凍食品」「油」「パスタソース」「お菓子」「フランスパン」「ワイン」といったところです。

冷凍食品のクオリティは目を見張るものがあります。

餃子や小籠包はここで購入したもので十分美味しく頂けます!

冷凍食品はアジアンも充実していますし、それ以外も試して失敗する事が少ないです!

ぜひ試してみて下さい。

ちなみに、トレーダージョーズに関してはこの5年どころか10年程大きな変化はなく変わらないブランド力と品質を保っています。

利用するスーパーその4 アルディ(ALDI)

ドイツの会社でここ10年位で大きく成長したグロッサリーストアです。

我が家の近くに新しくオープンしたので行ってみたところ、とてもきれいで清潔感があり値段もお手頃なので今ではかなり愛用しています。

「刺身で食べられるマグロ」や「冷凍ムール貝」、「生ハム」などがおススメです。

詳しくは別のブログで書いているのでぜひ確認してみて下さい!

アメリカ中西部(オハイオ他)でよく行くスーパーマーケット・まとめ

・クローガー(Kroger)は一番近場で成長中のグロッサリーストアー
・ホールフーズ(Whole foods)はアマゾンに買収されてから大衆的になった
・トレジョは何年も変わらず素晴らしい品質も保ってくれています
・アルディ(ALDI)が爆発的な人気と成長を遂げています
・それ以外にもスーパーは沢山あるので自分に合ったストアを見つけましょう

全米には、たくさんのグロッサリーストアがありますのでこれがベストという訳では決してありません。

ごく一般的な家庭としてこんな感じで賢く利用していますというのが伝われば嬉しいく思います。

あなたも自分に合ったストア探しをぜひしてみましょう!

コメント