アメリカのスーパー・クローガー(Kroger)で会員カードとアプリは必須

アメリカのスーパー・クローガー(Kroger)で会員カードとアプリは必須アメリカ生活
  • クローガーでお得な買い物をしたい!
  • どんなクーポンがあるの?
  • どうやって情報を得ればいい?

中西部に住んている方ならご存知の方も多いでしょう「クローガー(Kroger)」というスーパーマーケット。

ウォルマートやターゲットほどの大きさは無く、グロッサリーストアとして生鮮食品やその他の食品に特化したスーパーです。

アメリカ・オハイオ州に本社があり、現在アメリカで「ウォルマート」「ターゲット」に次ぐ第三位。

中西部の田舎出身の企業としてはものすごく存在感があります。

品質も高く我が家では、ほぼ毎日お世話になっているスーパーです。

アメリカのスーパー全般に言える事ですが、まずメンバーになって会員になる所から始めなくてはなりません。

今回はクローガーで賢く買い物をする必須行動をご紹介します。

本記事の内容
・無料のクローガープラスカード(Kroger Plus)をゲットする方法をご紹介します
・郵便で届くクーポンが有益な理由をご説明します
・デジタルクーポンの為Krogerアプリをダウンロードする必要性をご説明します

スポンサーリンク

まずは無料のクローガープラスカード(Kroger Plus)をゲットしよう

まずは無料のクローガープラスカード(Kroger Plus)をゲットしよう

はじめに必ず必要な事はクローガープラスカード(Kroger Plus)を発行してもらうことです。

すべての割引はここから始まります。

これが無いと黄色のセール価格ではなく黒い一番高い価格で買う事になります。

無料でクレジットカード機能が無い純粋な「会員カード」なので安心してください。

発行してもらう方法はひとつだけです。

「クローガーの店舗のカスタマーサービス」へ身分証明書を持って「クローガーカード」を作りたいと申し出るだけです。

まずは無料のクローガープラスカード(Kroger Plus)をゲットしよう

身分証明書は、パスポートでも大丈夫なので免許証がまだ発行されていない方でもカードを作成する事は可能です。

住所はまだ家が決まってない場合は、ホテルや会社などでも問題ありません。

必要事項を記入するだけでその場でカードを発行してもらう事が可能です。

正式な住所が決まったらウェブから住所変更をしておきましょう。

理由は年に何回か郵送されるクーポン券を必ず受け取ってほしいからです。

郵便で届くクーポン券がスペシャル有益な理由をご説明します

郵便で届くクーポン券がスペシャル有益な理由をご説明します

クローガープラスカード(Kroger Plus)をゲットして住所もしっかりと登録が完了すればまず一安心です。

このカードをレジでスキャンすれば、セール価格で購入できるようになります。

そしてもう一つの特典は、自宅に郵送でクーポン券が送られてくることです。

3か月に一度程度の頻度でクーポン券がクローガーからゲットできるのです。

このクーポンの素晴らしい所は、普段良く購入する商品のクーポン券がもらえる事です。

会員カードの購入履歴から、その会員特定のクーポン券が送られてくるのです。

いわゆる「ビッグデータ」の活用ですね。

ですから会員ごとそれぞれ違うクーポン券が印刷されて送られてくるのです。

これはとても嬉しいクーポン券なのでぜひ活用したいですね!

デジタルクーポンの為Krogerアプリを携帯にダウンロードする必要性

デジタルクーポンの為Krogerアプリを携帯にダウンロードする必要性

最後にこれも必須の登録事項です。

それは携帯でクローガーアプリをダウンロードすることです。

アプリを入れるのがめんどくさいと考えるのはとてももったいないです。

その理由は、クローバーのアプリを入れておけばセールの最新情報を確認することができます。

セール商品とクーポン券は必ず併用可能なので見逃さないようにしたいですね。

そして一番大切な理由はこちらです。

「デジタルクーポンを受け取る事が可能になる」です。

最初に作ったクローガープラスカード(Kroger Plus)の会員番号をリンクさせれば、「デジタルクーポン」と呼ばれるクーポンが利用できます。

日本では考えられないことなのですが、アメリカでは結構な確率で「クーポン券の併用」が可能です。

さらに面白いのは通常併用可能なクーポンは発行者が別の会社の場合に限りますが、クローガーの場合は発行する紙のクーポンとアプリで使うデジタルクーポンが併用できる場合が多いのです。

クーポンにもいろいろな種類があって例えば「肉コーナーの商品5ドル以上で1ドルオフ」と「特定の商品の1ドルオフ」というクーポンが同時に使えたりするのです。

デジタルクーポンは使いたい時にクーポンを選択して「クローガーカード」にリンクしておくだけです。

ですから、「使うかどうか分からないクーポン」や「同時に使えるかわからないクーポン」もリンクだけさせておけば良いのです。

後はレジでスキャンした時に勝手にデジタルクーポン割引が表示されます。

また、週に一度サンプル品を無料で配布するような会員特典や、お得なセール情報がとにかくたくさんありますのでぜひ利用してみましょう!

スーパー・クローガー(Kroger)で会員カードとアプリは必須・まとめ

・まずは店舗でクローガープラスカード(Kroger Plus)をゲットしよう
・身分証明書(パスポート可)、住所はホテルでも作成可能
・年に数回郵送されるクーポンはいつも利用するアイテムのクーポンがもらえる
・クローガーのアプリは必須でクローガープラスカードとリンクしよう
・デジタルクーポンはリンクさえしておけばクローガーカードで勝手に発動

今回は会員カードとクローガーアプリの紹介をしましたが、セールの内容などを絡めると更にお得に利用する事ができます。

シーズンごとに入れ替えのセールなどもありますのでしっかりとアプリの情報をチェックしておきましょう!

コメント