【時間を減らす!】有効利用する方法は思い出す時間を削減するべき!

【時間を減らす!】有効利用する方法は思い出す時間を削減するべき!海外勤務したい
  • 時間を少しでも削減したいけどなかなかできない!
  • どうしたら時間をもっと上手に使えるの?
  • いつもいろいろなことがギリギリになってしまう

あなたは「時間が欲しい」とは思っていませんか?

おそらくほとんどの人がもっと時間があったのらいいのにな…なんて思ってるのではないでしょうか。

でもどうやっても時間は1日24時間しかもらえないのですよね。

そうなるとこの24時間を有効利用することが非常に大切になります。

時間がないならある時間の中で作るしか方法は無いのです。

以前に時間を効率的に使う方法をご紹介したときには、隙間の時間を使うなどやるべきことを「違う時間を使って」解決する。

と言うように、使っていない時間を使うと言うような方法をご紹介しました。

ですが、やはり「時間を使うことを減らす」と言う方が即効性があるように感じます。

「時間を使うことを減らす」にはどうしたらよいのでしょうか。

今回は、即効性のある「今使っている時間を減らす方法」の中で最も簡単にできることをご紹介します。

本記事の内容
・使っている時間を減らすという考え方についてご説明します
・思い出すことを減らして他のことを考える重要性をご説明します
・他にも応用できる時間を減らすという概念をご説明します

スポンサーリンク

【時間を減らす!】有効利用には使っている時間を減らす考え方

【時間を減らす!】有効利用には使っている時間を減らす考え方

使っている時間を減らすというのは品質を落として解決させるとか、中途半端で終わらしてしまうというような解決方法ではありません。

もちろん今までと同じようなパフォーマンスを維持して、さらに時間を減らすというのが基本的な考え方です。

これを聞くと「そんなことができるはずがない」と言うように感じるかもしれませんが、そんな事はなく発想の転換をすれば大丈夫です。

その発想の転換とは、その「やらなければいけないと思っていること自体を全てやめてしまう」ということです。

要するに普段あなたが何気なくやらなければいけないと思っていることを正しく文字通り「やめてしまう」のです。

例えば、普段ダラダラとしてしまう「メールのチェック」をやめてしまうのです。

即レスする事は大切ですが、その為だけに時間をずっと使う事は時間の無駄です。

例えば一日に3回確認する時間を決めて3時間おきに確認するだけで十分なのです。

もし急ぎがあれば電話を頂けるでしょうし、メールだけに頼って仕事しているのは少し疑問です。

メールをツールとして使っても、使われることが無いように心掛けましょう。

よく自分の一日を精査してみると「やめてしまう」のが可能な事は必ずあるはずです。

一言では「効率化」といいますが、こういうことが本当の「効率化」となるのです。

【時間を減らす!】思い出すことを減らして他のことを考える重要性

【時間を減らす!】思い出すことを減らして他のことを考える重要性

記事のタイトルにもした通り「やめてしまう」事で一番効果が高いのが「思い出す」という作業です。

「思い出す」事に時間を使うことは一番無駄な事です。

なぜ無駄なのかというと答えは簡単です。

「二度手間になるから」です。

一つの事を完了させる為に「思い出して再開する」という行動は有益だと思いますか?

完成するのは一つなのに、二回時間を使っていますよね。

これこそ「やめてしまう」べきものなのです。

ですから、できる事はその日にその場で終わらせてしまって、思い出さなければならない状況を極力無くすようにしていきましょう。

中にはどうしても1回では終わらない事があります。

そんな時は、簡単に思い出せるようなルーティーンを作っておくと良いでしょう。

この考え方は、他の事に時間を使う第一歩です。

余った時間で「ボケっと」してしまったら本当にボケてしまいますからね(笑)

考えたり思い出したりする時間を削減して、別に考えられる事を作って前に進んでいきましょう。

【時間を減らす!】他にも応用できる時間を減らすという概念

【時間を減らす!】他にも応用できる時間を減らすという概念

普段自分が何気なく「思い出す」行為や「無意識にしている事」の中に時間が削減できる場所が有るという事は分かって頂けたと思います。

ですから、こういう観点で自分の行動を見直してみるとかなり自分にとって良い時間の使い方をする事ができます。

人それぞれ時間の使い方は違うので、それを体系的に見る事が大切ですね。

無理をしなくても、応用してダラダラと過ごしている事を見直すだけでメリハリがついた時間を使えます。

僕が思いつくだけでもこのような時間を見直してみましょう。

・パソコンのどこに情報があるか変わらなくなった
 →要らないものを削除してしてしまいましょう

・メールが検索できない
 →メールの検索技術を覚えましょう・要らないメールは削除しましょう

・メールに振り回される
 →メールの確認時間を決めて問題があればそれを相手へ事前に伝えましょう

・携帯電話をいじってしまう
 →集中する時は携帯を見えない場所へ置きましょう

・書類がなくなる
 →必要の無い書類を捨ててしまい1週間以内に必要なもの以外は捨てる

このように見ていくと、人生立ち返ってみて「整理整頓」がいかに大事なのかが分かりますね。

まだ遅くはありませんので時間が欲しければ「整理整頓」を心掛けましょう。

有効利用する方法は思い出す時間を削減するべき!・まとめ

有効利用する方法は思い出す時間を削減するべき!・まとめ

・時間を見つめるよりも今の時間を削減する方が効果高い
・削減するのでなく「やめる」事を考えよう
・「思い出す事」は必ず2度手間になる
・「思い出す」や「無意識にする事」が削減できる時間
・突き詰めると「整理整頓」が大事だという事が分かる

まずは「自分が思い出す」という作業をしないように心掛ける事が一番大事です。

それが意識できるようになったら、素晴らしい一歩が踏み出せるようになるでしょう。

コメント