【先生にも贈る!】アメリカのバレンタインの日本との大きな違い

【先生にも贈る!】アメリカのバレンタインの日本との大きな違いアメリカ生活
  • アメリカのバレンタインデーってどんなものなの
  • えっ?男性が女性にプレゼントするの?
  • 子供たちはどんなバレンタインを過ごすの?

2月14日のバレンタインデーと言えば、女性が男性にチョコレートを渡して愛の告白をする。

なんていうのが日本の風習ですよね。

全世界同じようなイベントなのかと思いきや、アメリカでは全く違うイベントなのです。

もちろんみんなに配るものとして「チョコレート」をチョイスすることもありますが、それに限らず様々なものをプレゼントする文化です。

しかも女性から男性と言う固定観念はなく、ありとあらゆるつながりの中でプレゼントし合います。

日本とは全く違うバレンタインデーの文化なのです。

今回は「日本とは全く違うアメリカのバレンタインデー」についてご紹介をします。

本記事の内容
・そもそもバレンタインデーってどんなものなの?
・アメリカのバレンタインデーは男女関係ないと言う事実をご紹介します
・子供たちにとってバレンタインデーがどのようなものなのかをご紹介します

スポンサーリンク

そもそもバレンタインデーってどんなものなの?

そもそもバレンタインデーってどんなものなの?

バレンタインの起源をさかのぼると1800年も昔の話となります。

当時は「ローマ帝国」が繁栄している時期のお話です。

バレンタインとは実は司教(神父さんの偉い人)のお名前からきています。

当時戦争へ向かう兵士に家族がいると、やる気が下がるという考え方から結婚を禁止するなんていう事があったそうです。

それを無視して結婚の誓いを隠れて行っていたのが「バレンタイン司教」。

最終的に処罰をされてしまうのですがそれが2月14日だったそうです。

それから、2月14日は「恋人たちの日」となったとされているのです。

アメリカのバレンタインデーは男女関係ないと言う事実

アメリカのバレンタインデーは男女関係ないと言う事実

この起源から考えると、日本のように女性から男性へというのは全く違うというのが良く分かります。

日本のバレンタインデーの発祥は1936年に「モロゾフ製菓」という会社が外国人向けの新聞に広告を掲載したところから始まります。

定着したのは1970年代になってから。

この頃からいわゆる「チョコレート会社」の宣伝で「女性から男性へチョコレートを贈る」という行為が定着したようです。

これは日本だけの風習です。

アメリカでは「女性から男性に贈る」なんて風習ではありません。

ひとことでいえば、「誰が誰に贈ってもよいくて、しかもチョコレートである必要はない」という事。

日頃の感謝を伝えるという感覚が強いので、逆に多いのは夫婦や恋人が「男性から女性に向けて何かをプレゼントする」事の方が断然多いのです。

「いつもありがとう」という言葉を伝えるのに、プレゼントや食事するというのは気持ちがいいですね。

多いのは夫婦や恋人同士ですが、家族やお世話になった人にもそれとなくプレゼントをお渡しする何ていう人もいます。

一般的にはクリスマスという大イベントの後なので少しイベント性には欠ける所はありますが、やはり愛の告白やプロポーズなんていうドラマチックな事もよく起こります。

まとめると、全体的には「夫婦・恋人達のイベントだけど感謝の気持ちも伝えられる」というバレンタインデーなのです。

子供たちはどんなバレンタインを過ごすの?

子供たちはどんなバレンタインを過ごすの?

面白いのは、子供達にもバレンタインデーというイベントが認知されているという事。

なぜなら幼稚園や小学校なとではバレンタインデーとしてプレゼント交換などがあるからです。

子供達は自分が好きなものや渡したいものをクラスのみんなに配るという文化が僕が住んでいる周りにはあります。

2歳の時からこの文化で育っている息子はこれがとても楽しいそうです。

クラスの全員なので20人くらいのものを準備するので、もちろん大それたものを渡す事はできません。

幼稚園の子供達なので本当に子供が好きなキャラクターのステッカーなどで1人1ドルくらいのものを子供同士でプレゼントし合います。

少しだけ親は大変ですが、子供たちはとても楽しそうに交換し合っているので持たせてあげないと可哀そうですね。

また小学校では手紙を書いて渡したりするそうです。

子供の頃からこんな文化で育ったら、単純に義理チョコを渡そうなんていう発想が生まれる事すらないと思います。

このバレンタインデーの考え方はとても子供にとっても良い考え方ですね。

日本でも浸透したらいいなと思います。

アメリカのバレンタインの日本との大きな違い・まとめ

アメリカのバレンタインの日本との大きな違い・まとめ

・バレンタインの起源は1800年も前の話
・日本では1970年代から盛んになりました
・アメリカでは誰が誰に贈ってもよくてチョコレートである必要はない
・夫婦・恋人達のイベントだけど感謝の気持ちも伝えられる
・子供達は自分が好きなものや渡したいものをクラスのみんなに配る

バレンタインデーは誰の為でもない、あなたの為に感謝を伝えられるいい機会だと思います。

普段は言えない事を感謝の気持ちを込めて伝えてみてはいかがでしょうか。

コメント