【経験談】20代の自分に伝えたい生き方やできる事・やっておくべき事

【経験談】20代の自分に伝えたい生き方やできる事・やっておくべき事海外勤務したい
  • 自分が会社から入ってから20代はどんなアドバイスをする?
  • もっとこうしておけばよかったと言う事はある?
  • 逆にこれをやっておいて良かったと思う事は?

10年間を振り返ってみると本格的にアメリカ生活が始まったのはちょうどこの頃から。

その前に1年間アメリカに住んでいましたが、本番は30代に入ってからでした。

純ジャパで育った何の変哲もないただのビザホルダーの僕が、30代のほとんどをアメリカで過ごすことができたのは、20代で一生懸命成長してそれを理解してもらうことができたからです。

今回は、20代の自分がどのような考えを持っていて、何に取り組んできたから今自分がここにいるのか。

そしてその頃の自分が何をプラスアルファで取り組んでいればもっと良かったのかと言うことを赤裸々に綴ります。

特に20代前半の皆さんには良い参考になると思いますのでぜひとも読んでみてください。

本記事の内容
・会社に入るまでに自分がどんなスペックだったのか
・22歳新卒から何を目的に何に一生懸命取り組んできたのかをご紹介します
・その頃にもっとやっておけばよかったと思う事を考えてみます

スポンサーリンク

会社に入るまでに自分がどんなスペックだったのか

会社に入るまでに自分がどんなスペックだったのか

まずは僕のスペックからお話しした方が親近感が生まれるのではないかと思います。

特に勉強が出来る訳でもなく高校・大学も偏差値が50を越えるくらい。

いわゆる「何の変哲もない学生生活」を送ってきました。

会社も大企業で安定はしているとは思いますが、特別突出した企業という事でもありません。

そして僕は特別に出世している訳でもありません。

ここまで読んで大体察しはつくと思いますがいわゆる「普通の人」です。

偏差値も50~60位の方が一番多い中でこの「普通の人」がどうすれば前向きに海外で活躍ができるのか?

それをお伝えできればうれしく思います。

22歳新卒から何を目的にして一生懸命取り組んできたのか

22歳新卒から何を目的にして一生懸命取り組んできたのか

10年近い海外駐在を実現できたのは、会社へ新卒として入ってから一生懸命「努力」してきたという理由があります。

努力するだけで報われるなんて事はなくて、もちろん「運」の要素もあります。

でも、その運を引き付けるのが「努力」だと僕は信じています。

ではどんな「努力」をしてきたのでしょうか。

大前提として「海外へ行きたい」から「努力」をしてきた訳ではありません。

僕の場合は「人生を楽しむ為の努力」をしてきました。

人生に「仕事」というものは切り離せるものではありません。

切り離せないものは「好きになってしまえ!」という考えが一番初めに考えた事です。

順風満帆だったわけでもありません。

当時はサービス残業は当然のブラックな働き方をしていましたし、将来の為の勉強など1つもしてきませんでした。

ただ一つだけ言えることは、目の前の事に対して一生懸命対応してきたという事です。

与えられた仕事をこなす事はもちろんの事、会社でも人一倍働いて確固たる地位を築いた20代でした。

少なくとも会社の中で一つの分野ですが誰にも負けない自信もありましたし、上司や本社への根回ししっかりとしてきました。

要は、「気遣いができて仕事も卒なくこなす事」が会社からもお客さんからも認めて頂いた結果だと思っています。

新卒で入ってからは「まず目の前の事に一生懸命に」そして「自分がいなければ回らない」位の気概で仕事をしてください。

希望を言うのはその次のステップです。

「自分の希望」と「会社・上司が求める人物像」をマッチさせるように立ち回る事が一番重要なのかもしれません。

この頃の自分は、自身にも溢れていて希望を聞いてもらえないのであれば転職しても構わないとすら思っていました。

それくらい、対外的にも使える人材であることを意識していました。

【新卒から何を考えて仕事してきたのか】
・「人生を楽しむ為の努力」をしてきました
・人生を楽しむ為に仕事を好きになった
・「気遣いができて仕事も卒なくこなす事」を目指した。
・「自分の希望」と「会社・上司が求める人物像」をマッチさせる
・会社の外である対外的にも使える人材

その頃にもっとやっておけばよかったと思う事を考えてみます

その頃にもっとやっておけばよかったと思う事を考えてみます

新卒から海外へ飛び立つまでに必要だったことは、会社で確固たる立場を築く事。

その上で調整役も担えるようにする事でした。

では「もっとこんな事をやっておけば良かったな」と今になって思う事は何でしょうか。

これは一つだけ強く感じる事があります。

それは「集中力」を身につけるクセを持つ事。

僕の性格も関係していると思いますが「注意力が散漫」になる事が今でも多いのです。

人生に流れる時間は全員が平等です。

その時間を有効的に使う為には習慣付けが必要です。

これが今の自分に足りない事。

一朝一夕で手に入るものではありませんので、20代の頃から身につけておきたいです。

もっとさかのぼると、子供の頃からこのような習慣をつけておきたいですね。

20代の自分に伝えたい生き方やできる事・やっておくべき事・まとめ

20代の自分に伝えたい生き方やできる事・やっておくべき事・まとめ

・とても平凡な「普通の人間」でも人生は楽しくできる
・運を引き付けるのが「努力」
・「人生を楽しむ為の努力」をしていこう
・「自分の希望」と「会社・上司が求める人物像」をマッチさせる必要がある
・「集中力」を身につけるクセは早めにつけておこう

20代は何でもできるバイタリティと何でも失敗できる年でもあります。

将来どんな自分になりたいのか?想像しながら20代を駆け抜けて欲しいと思います。

コメント