【アメリカ駐在の健康】現地生活で健康に気をつけるべき理由5つ

【アメリカ駐在の健康】現地生活で健康に気をつけるべき理由5つ海外勤務したい
  • 健康が重要なのは分かるけどなんで海外だと重要?
  • 風は引いてしまうので仕方ないと思う
  • 予防するとすればどんなことができる?

世界中どこにいても「健康」が一番大切ですね。

実際に大きな病気を経験したり、辛い経験をするとやはり健康は大事だなと強く感じます。

自分自身ではなくても身近な家族が健康を害すことも、自分への負担になるのです。

アメリカで親兄弟と離れて暮らす立場として考えると「健康」に気を付けなければ、仕事も生活も何も前に進まないという状況にもなりかねません。

駐在員という立場で会社からすると、使い物にならなくなるので「帰国してください」という事も考えられるのです。

会社と個人の様々な思いはあるものの、高い費用をかけてアメリカで活躍をしてもらうのが本分。

このような流れになるのは、当たり前といえば当たり前です。

そこまでの問題にならないとしても、アメリカなど海外での健康を害すとこんな事が起こるという例を挙げます。

今回は、アメリカ生活で健康に気を付けなけれならない理由を5つご紹介します。

本記事の内容
・アメリカ生活で健康に気を付けなけれならない理由を5つご紹介します
・どんな事に気を付けなければならないのかが分かります
・予防のススメをご紹介します

スポンサーリンク

アメリカ生活で健康に気を付けなけれならない点5つ

アメリカ生活で健康に気を付けなけれならない点5つ

モデルケースとして子供2人の4人家族を想定して話を進めます。

子供がいるという点が大きく考えなければならない点です。

①子供が病気になると身動きが取れなくなる

アメリカでは子供を家の中で1人にしておくことは州の法律で禁止されています。

ですから家に子供がいる場合は、必ず親や誰か大人が家に居てあげなくてはなりません。

細かい事を言えば、スーパーへ買い物へ行く事すら出来なくなってしまうのです。

ほとんどの場合、20-30分子供だけを置いて買い物に行く事に問題にはならないでしょうが、それでもいけない事とされているのでやはり控えたいです。

そうなると母親は何もできなくなったり、母親に用事がある場合は仕事を切り上げて父親が面倒をみる必要が出てきます。

病気が長引くと本来すべき事ができなくなってしまうのです。

②自分の代わりに子供の面倒を見てくれる助けがない

まだ親が2人で何とか切り盛りできるならましですが、それすらも叶わなくなった時に何ができるでしょうか。

残念ながら海外にいるという事は、基本的に自分たちの親や兄弟がいないという事です。

最大限お願いできる範囲を広げても「お友達」です。

でも病気をしている子を見ててほしいなんてお願いが出来る訳もありません。

当然ながら施設やデイケアも見てくれるはずがありませんので、こうなると仕事や生活に支障がでる事となります。

長引くようであれば危険信号です。

③体調が悪いとメンタルにも影響が出る

同然の話ではありますが、これも連鎖的に起こるので注意が必要です。

これも実際に体験してみないと身に沁みないのですが、特に「長引く」とメンタル的にも辛い状況になります。

僕の実体験ですが子供と妻が立て続けにインフルエンザにかかってしまい、約2週間完全なワンオペとなる事態です。

子供のお弁当を作って送り迎えをして、夜はご飯を調達するという事を数日体験しました。

慣れない事で疲れるし時間もかかるので、身体的にはもちろんの事メンタルもかなり堪えます。

これが数日で終わったので問題はありませんでしたが、何週間も続くとたぶん心が先に折れるでしょう。

④病気の度合いによって保険代が高くなる

現地社員でなければ個人負担にはなり難いですが、ぜひ知っておいた方が良い事は病気にはお金がかかるという事です。

そして当たり前ですが、重病になればなるほど高くなります。

それはそうですよね。

重病の方が治りにくいので時間もかかりますし、薬も高価になります。

要は何が言いたいのかというと、病院へ行って予防や初期段階で重症化させないようにする事が、自分も会社も病院も助かります。

いずれにしてもお金がかからないようにしておきましょう。

⑤番外編:歯も痛くなると悲惨なので定期的に検診しておきた

意外な盲点として歯は急に痛くなります。

痛くなると仕事や生活どころではなくなりますので、これも予防医療が超絶大切です。

特に歯医者の場合は、保険が特殊でおそらく全額カバーするのが難しい医療です。

ですから毎年のチェックアップやクリーニングは最重要となります。

また、いい点はアメリカの歯科医療のレベルが日本より高い事。

こちらにいる間に処置をしておくというのも良い手立てです。

【アメリカ駐在の健康】予防医療がとても大事である理由

【アメリカ駐在の健康】予防医療がとても大事である理由

アメリカで生活をする上では「予防医療」が一番大切です。

自分自身も家族のどちらにとっても、健康を脅かされると本当に大変な事態へ発展する事があります。

自分は大丈夫なんて事は決してないので「毎年の健康診断」と「痛みがあればしっかりと対処する」この2つは敏感に守ると良いでしょう。

先程もお伝えした通り、予防医療によって本人ももちろんですが、会社も負担が減ります。

加えて病院にとっても、高額の医療は取りっぱぐれる恐れがあるので良しとしません。

社会全体的にも予防医療と初期医療を前面に推しているので、この流れに乗る事で家族全員も健康を保てます。

ぜひ「予防医療」であるPreventiveという言葉を覚えておきましょう。

【アメリカ駐在の健康】現地生活で健康に気をつけるべき理由・まとめ

【アメリカ駐在の健康】現地生活で健康に気をつけるべき理由・まとめ

・家族以外の助けてくれる人はいないので生活に大きな支障が出る
・メンタルにも影響があるので家族の健康も大切
・保険によっては高額請求となってしまう
・歯の治療や検査も非常に大切です
・社会全体的にも予防医療と初期医療を前面に推しているのでそれに乗りたい

日本でも変わりありませんが身体もメンテナンスが必要ですから定期的に健康に留意して海外生活を楽しみましょう。

一度崩れると大変な事になりますので「定期的」というのが最重要です。

コメント