【仕事ができるようになる!】淡々と作業こなす技術を身に付ける

【仕事ができるようになる!】淡々と作業こなす技術を身に付ける海外勤務したい
  • 作業がはかどらなくて困る
  • あれもこれも作業することが増えていく
  • 時間だけが過ぎていってしまう

皆さんにはこのような経験が1度は必ずあるのではないでしょうか。

仕事や勉強などを着実にこなしていく人を見ていると、できてない自分を嫌になってしまったり比べて落ち込んでしまったりすることがあります。

僕も同じような状態が長く続いて、やはり自分が嫌になったり落ち込んでしまったりしたことがあります。

でもちょっとしたコツを身につければこのような問題は解決して、着実に作業をこなしていくことができます。

そのためのちょっとしたコツをご紹介したいと思います。

本記事の内容
・作業をはかどらせる準備についてご紹介
・実際に作業するときの心構えをご紹介します
・継続するコツをご紹介します

スポンサーリンク

【仕事ができるようになる!】淡々と作業こなす技術を身に付ける準備

【仕事ができるようになる!】淡々と作業こなす技術を身に付ける準備

まず1番初めに自分が分かっていなければならない事は「何を作業するのか」ということです。

これが分かっていなければ何をやっていいのかが分からないので、闇雲に作業に入ることになります。

想像してみると分かるかもしれませんが、そのように始めた作業は「不安を持ちながら作業する」と言うことになりませんか?

そのような気持ちで始めた作業は決してはかどる事はなく、出来上がりの質も良くないものが生まれてしまいます。

なので、まずは1日単位で今日自分が何を作業するのかと言うことを紙やパソコンに書き込んでリストアップしておきましょう。

この時にせっかくなので、今日中にしなければいけないことを今週中にしなければいけないことを今月中にしなければいけないことに分けて書いておくと優先順位がわかって良いと思います。

実は、これさえしっかりとできていれば、今までよりも格段に作業効率が上がります。

やることが明確化することで、自分の中で安心感につながって良いパフォーマンスを出すことができます。

時には1日で到底終わらないような作業量がリストアップされることもあります。

ですがこれが現実なので、それが分かった時点で上司に相談してみたり、仕事をシェアしてみたりする行動をとることができます。

【仕事ができるようになる!】淡々と作業こなす実際の作業

【仕事ができるようになる!】淡々と作業こなす実際の作業

実際に作業をする時は集中力が作業をはかどらせる最大の要素となります。

集中力を高めるためにする事は1つだけです。

「その作業の事だけを考える」

そんなの当たり前だろう。と思われると思いますが、でもこれが本質なので次にそうするためにどんな環境整えるかと言うことが「心構え」となります。

「その作業だけのことを考える」ためには、外から入ってくる余計なモノや情報を一時的にシャットアウトすることが効果的です。

それでは外から入ってくる余計なモノや情報とはどんなものがあるでしょうか。

考えられる事で可能性が高いものから消していくと良いでしょう。

【社会人】
1、携帯電話(電話・メール・SNS)
2、パソコンメールチェック
3、顧客・上司・部下からの呼出し・相談
4、当日発生する追加の業務
5、急な用事・トラブル

【学生】
1、携帯電話(電話・メール・SNS)
2、恋人や友人の誘い
3、部屋にあるマンガなどの興味を引くモノ
4、テレビやパソコンなど
5、家族からの誘惑

簡単に思いつくだけでもたくさん集中力を欠くものが周りにありふれていますね。

この上位3つを解消するだけで、実際の作業は今までの何倍もはかどります。

合わせて人間が集中できる時間は最大でも50分と言われていますので、1時間で時間を区切って50分集中したら5分から10分の休憩をして1クールと考えましょう。

集中する事に慣れない方は20分で5分の休憩をとって短い時間から集中力の維持に努めましょう。

【仕事ができるようになる!】淡々と作業こなす継続するコツ

【仕事ができるようになる!】淡々と作業こなす継続するコツ

やる事が分かったとしても3日坊主で終わってしまう事がよくありますね。

もちろんですが、継続して自分の習慣にしてしまわなければ成功したとは言えません。

最低でも3か月続けることを目標にしましょう。

1年間続ける事ができたら自信を持って「習慣化」できたと言えます。

3日坊主で終わってしまう最大の原因は「やろうとする事のハードルが高いから」です。

今まで1キロランニングしていない人が、いきなり10キロ毎日走るという目標はやっても1日で終わってしまいますね。

「何をするのか決める」事や「集中力を継続する」というのもいきなり「やる」と言われてもどこまでやればよいのか分かりません。

ですから、段階を踏んでランニングの様に徐々に走る距離を伸ばしていくようにして続けていきましょう。

例えばこんな感じのスケジュールです。

~1週間 ⇒ 当日やる事のスケジュールが作れればOK
~1ヶ月 ⇒ 当日やる事のスケジュール+集中する事10分~20分の練習
~2ヶ月 ⇒ 当日やる事のスケジュール+集中する事30分の練習
~3ヶ月 ⇒ 当日やる事のスケジュール+集中する事30分~50分の練習

最低限のルールを決めておいてそれをクリアするだけでも達成感はあります。

途中で自分にとってハードルが高すぎると感じたら「目標を変更」すればよいのです。

とにかく続ける事が大切なのです。

【仕事ができるようになる!】淡々と作業こなす技術・まとめ

【仕事ができるようになる!】淡々と作業こなす技術・まとめ

・作業がはかどる方法は「事前にやる事を決める」
・実際の作業では「集中する時間」を作る
・続ける事ができる「低めのハードル」を常に作る
・ハードルは長い目で高くしていこう
・1年続いたら習慣化完了です

いかがだったでしょうか。

まずは、事前に「これをやる」と決める事が何よりの近道です。

そして集中力は運動と一緒で続けながら時間をのばしていきましょう!

最後の目標は「習慣化」です!

これができると1年後には自分でも想像がつかない「できる人」になるはずですよ!

ぜひ試して続けてみて下さい!

コメント